ポール・R・クルーグマン

人物・団体ページへ

クルーグマン マクロ経済学

ポール・R・クルーグマン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492313978
ISBN 10 : 4492313974
フォーマット
発行年月
2009年04月
日本
追加情報
:
26cm,625p

内容詳細

経済って、こんなふうに動くのか。ノーベル賞受賞、多数のベストセラーを執筆している人気経済学者が渾身の力を込めて書いた、徹底的にわかりやすく、読みやすいマクロ経済学のテキスト。世の中が見える入門書。

【著者紹介】
ポールクルーグマン : プリンストン大学経済学部教授。2008年、ノーベル経済学賞受賞。同大で定期的に経済原論を担当している。イェール大学で学士号を、MITで博士号を取得。現職以前には、イェール大学、スタンフォード大学、MITで教鞭をとった。1982〜83年には1年間大統領経済諮問委員会(CEA)のスタッフも務めた。主な研究分野は国際貿易。収穫逓増と不完全競争に焦点を置いた「新しい貿易理論」の創始者の1人である。国際金融、特に通貨危機の問題にも取り組んでいる。1991年、アメリカ経済学会(AEA)のジョンベイツクラーク賞受賞。教育と学術研究に加えて、一般読者向けにも幅広く執筆活動を展開している。『ニューヨーク・タイムズ』紙の常任コラムニストであり、同紙に寄稿した記事を集めたThe Great Unraveling:Losing Our Way in the New Century(邦題『嘘つき大統領のデタラメ経済』)はベストセラーとなった。それ以前に刊行されたPeddling Prosperity(邦題『経済政策を売り歩く人々』)、The Age of Diminished Expectations(邦題『予測90年代、アメリカ経済はどう変わるか』)は現代の古典となっている

ロビン・ウェルス : プリンストン大学経済学研究員。同大で定期的に学部の授業を担当している。シカゴ大学で学士号を、カリフォルニア大学バークレー校で博士号を取得。その後MITで博士課程修了者として研究活動に携わる。ミシガン大学、サウサンプトン大学(イギリス)、スタンフォード大学、MITで教鞭をとる。彼女の教育・研究の関心は組織論とインセンティブ理論にある。常時、学術ジャーナルに寄稿している

大山道広 : 1938年東京都生まれ。1961年慶應義塾大学経済学部卒業。1972年ロチェスター大学Ph.D.現在、東洋大学経済学部教授

石橋孝次 : 1964年山口県生まれ。1987年慶應義塾大学経済学部卒業。1998年ボストン大学Ph.D.現在、慶應義塾大学経済学部准教授

塩沢修平 : 1955年東京都生まれ。1978年慶應義塾大学経済学部卒業。1986年ミネソタ大学Ph.D.現在、慶應義塾大学経済学部教授

白井義昌 : 1963年大阪府生まれ。1988年慶應義塾大学経済学部卒業。1999年ノースウエスタン大学Ph.D.現在、慶應義塾大学経済学部准教授

大東一郎 : 1964年千葉県生まれ。1995年慶應義塾大学大学院経済学研究科後期博士課程修了。慶應義塾大学博士(経済学)。現在、東北大学大学院国際文化研究科准教授

玉田康成 : 1968年兵庫県生まれ。1992年慶應義塾大学経済学部卒業。2002年ウィスコンシン大学マジソン校Ph.D.現在、慶應義塾大学経済学部准教授

蓬田守弘 : 1969年神奈川県生まれ。1992年慶應義塾大学経済学部卒業。2003年ロチェスター大学Ph.D.現在、上智大学経済学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • えちぜんや よーた さん

    「経済学教科書をつくろう!〜Academic Entertainment We are the Economist」のマクロ経済学参考文献です♪ https://sites.google.com/site/virtualmisso/

  • ymdtko さん

    比較優位。アメリカは精密機械に、中国は衣類に比較優位を持つ/需要と供給 チケットの供給不足は、やがて価格を押し上げていく。価格が上がると供給量と(これくらい高値で売れるなら手放そう)、需要量が(こんな高いんやったら諦めとこう)近づいてきて、やがて均衡価格に落ち着く/死荷重。税の弊害/消費者余剰とは、いくらまでなら買ってもいいという価格から実際の値を引いたもの/ダウ・ジョーンズ平均株価は伝統的部門30社。NASDAQ指数はだいたいハイテク部門/70の法則。年2%なら、35年でGDPは2倍になる。

  • papamitra さん

    わかりやすく、飽きさせない語り口はすばらしい。600ページ超となかなかの厚さだが、意外とすんなり読むことができた。長期、短期を明確に分けているのはマンキューと同じ。本書ではIS-LMモデルは出てこずいきなり総需要曲線。

  • Naoki Shiho さん

    かの有名なポール•クルーグマンの著者でマクロ経済編。内容が盛り沢山で読了まで時間はかかりますが、世界で起こっている一連の大きな経済の流れを理解するのには最適だと思います。ケーススタディが多いのも大きな特徴。レベルとしては著者は学部を想定しているようですが、日本の学部レベルでは時間的制約からこの内容を十分に扱えるところも少なそうです。そう考えると修士でも重宝する本かと。

  • watchkeeper さん

    復習用の二読目。難関論点については流し気味であり、再読が必要。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ポール・R・クルーグマン

プリンストン大学教授、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授。専門は国際経済学。コラムニストとしても著名。2008年にノーベル経済学賞を受賞

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト