ワールズ・エンド(世界の果て)

ポール・セルー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163098104
ISBN 10 : 4163098100
フォーマット
出版社
発行年月
1987年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
275p;20X14

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • MICK KICHI さん

    異国の地<世界の終わり>に放り込まれた人々が、奇妙であったり、ある種異常な世界を体験する物語を集めた短編集。 虚しい結末の話が多いが???の多いストーリーについ引き込まれてしまう。人間年齢をある程度重ねるとこんな話でも「まあ、あるわな」と受容してしまう。表題作は子供と妻を愛する者にはホラーだし、「緑したたる島」の閉塞感と身につまされ方は尋常じゃないぐらいに心に刺さる。作者の短編小説の技量を感じる。掌編「コルシカ島の冒険」の中年男の悲喜劇には共感します。

  • hirayama46 さん

    はじめてのポール・セロー。気づいたら様々な物事がすでに手遅れになっているかのような作風は好み。いわゆる喪失感ではあるのですが、全体的に茫漠とした、ゆらゆらとした不安感を伴う喪失だったように感じました。こういうのは自分的にたいへんしっくりします……。

  • 抹茶ケーキ さん

    短編集。昔の外国に住んでいた時のことを思い出して、特に「サーカスと戦争」が印象に残った。

  • やいまゎ さん

    ポール・セルローのテーマは、「楽園を求め続け、裏切られ続ける人々の物語。」訳者は30代後半の村上春樹です。

  • イッパイアッテナ さん

    全編を通じて漂ってくるのは倦怠感とやるせなさ。そして、他とは決して属することができないもどかしさ。「何かが間違っているのだけれど、何が間違っているのかがつかめない」ワールズ・エンド。つまり行き止まり。でも、そんな場所に行ってみたくもある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品