イクトミと大岩

ポール・ゴブル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784796606356
ISBN 10 : 4796606351
フォーマット
出版社
発行年月
1993年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マーシー さん

    恐ろしいブラックユーモアが詰め込まれている。イクトミは自信過剰で相手に敬意を示さない。言っていることが自分にとって都合がいい。かと思えば機転がきくときもある。イクトミは今日もどこかで生きている。怖すぎる省察しよう。

  • ツキノ さん

    『嵐のティピー』で知った作家(この本ではゴーブルと表記)なので他の作品も読みたくなって。アメリカ先住民の民話。こうして採集し発表する「他者」の存在がありがたい。解説も興味深い。コウモリの顔が平たい、そして大草原のいたるところに石ころがちらばっている理由のおはなしでもあり、イクトミの愚かな言動につっこみを入れ、教訓にするという話でもある。

  • 舟江 さん

    インディアンの民話、学生時代お世話になった倉橋由美子の訳ということで図書館で選んだ。反面教師の主人公イクトミに、神は創造の一部を任せ。中でも「失敗」や「不合理」な仕事、たとえば地震、洪水、病気、ハエ、蚊のようなものは、まちがいなくイクトミの作品だと言われているのだという。与太郎話とチョットちがう楽しさがあった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品