ポール・アンダースン

人物・団体ページへ

がんばれチャーリー

ポール・アンダースン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150107918
ISBN 10 : 4150107912
フォーマット
出版社
発行年月
1988年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
265p;16X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kkth3 さん

    ホーカ・シリーズの番外長編。これはとても良いジュヴナイル。章タイトルがすべて往年の名作SFから取られているのにも胸がときめく。異星旅行中に(主に連れの家庭教師のホーカのせいで)事件に巻き込まれて、伝説の王子に祀り上げられてしまい、なおかつ試練を受けて自分がその王子であることを証明しなければならなくなってしまう、少年チャーリーの成長物語。チャーリーと異星の青年との間の友情とさよならが切なく胸に染みる。(うろなのでどこか間違ってたらすみません)

  • madhatter さん

    SFと言うよりファンタジー。ホーカ・シリーズの番外編的な物語。連作短編とは異なり、ホーカの破天荒な(でも可愛すぎる)性質だけで物語を引っ張ってゆくのではなく、構成に工夫がなされている(そもそも、ホーカは脇役として登場)。タリイナでの事件は、イギリス近代化の流れを駆け足で踏まえており、このため、真面目で学究肌のチャーリーのキャラクターがうまく生きているようだ。また、今までになくシリアスな見解が随所に見られるのも特徴。知恵くらべが終わった後の、チャーリーの宗教をめぐる述懐には、考えさせられる。

  • 宇宙猫 さん

    ★★★★★ ホーカシリーズ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ポール・アンダースン

1926年ペンシルヴァニア州生まれの北欧系アメリカ人。ミネソタ大学で物理学を専攻。在学中からSFを書きはじめ、1947年に「アスタウンディング」誌でデビュー。科学者志望だったが、就職難のためプロ作家の道を選択。以来、五十数年にわたるキャリアの間に、『脳波』『タイム・パトロール』『百万年の船』など60

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品