CD 輸入盤

Sym.3, Etc: Handley / Rpo

ボートン (1878-1960)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDH55019
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Handley, Vernon - Sinfonie Nr. 3 B-moll
  • 02. 1. Allegro Potente
  • 03. 2. Adagio Con Serenita
  • 04. 3. Allegro Giocoso
  • 05. 4. Adagio - Allegro Molto Turbolento
  • 06. Francis, Sarah - Konzert Fuer Oboe Und Streicher N
  • 07. 1. Allegro
  • 08. 2. Adagio Espressivo
  • 09. 3. Allegro Moderato

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
心の渇きを癒してくれる素敵なイギリス音楽...

投稿日:2013/02/16 (土)

心の渇きを癒してくれる素敵なイギリス音楽だ。RVW風の衣装をまとった交響曲、第2楽章の抒情性や一度聴いたら忘れられなくなる愉悦に満ちた第3楽章、壮大なコーダを持つ終楽章、もっと聴かれても良い音楽がここにある。オーボエはヴィオラとともにイギリス音楽によく似合う。アダージョはフィンジのクラリネット協奏曲のそれと並ぶ実に美しい瞬間だ。いつもながらハンドリーの自信に溢れた棒には頭が下がる。亡くなって5年経つ、早いものだ。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
英国のワーグナー、ボートン。リングに大向...

投稿日:2012/09/10 (月)

英国のワーグナー、ボートン。リングに大向こうを張った「アーサー王4部作」などの楽劇で一世を風靡したが、イエスを共産党員にしたことから、冷戦下の40年間、殆ど無視された格好に。ハイペリオンがボートン財団と組んだ復興に向けた成果として1988年に録音された一枚だが、ロ短調交響曲にはボートンの人気を支えた様々な音楽的要因が、凝縮された形で盛り込まれている。どこまでもハリウッド黄金時代の映画音楽を聴いているようで、それはそれなりに楽しめるが、このディスクの最大の福音はオーボエ協奏曲だ。オケを弦だけに絞り、しょぼくくすんだオーボエを軽やかに飛ばし回り、決然と口上を述べさせたり、変幻自在融通無碍。これは傑作だ。サラ・フランシスも共感を持って吹いていているが、何よりハンドリーのサポートが気持ちいい。英国の音楽の粋といっても過言はないだろう。

蓮華人 さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ああ・・なんという懐かしさを湛えた音楽た...

投稿日:2010/10/05 (火)

ああ・・なんという懐かしさを湛えた音楽たちなんだろうか。 交響曲の緩叙楽章の清水のような美しさ・・そして終楽章のエモーショナルな盛り上がり・・。オーボエ協奏曲は刈り取ったばかりの藁の香りが立ち上るようだ。近代イギリスの作曲家の中でも知名度の低いボウトンだが、屈指のメロディメーカーだったようだ。交響曲は小規模な印象だが、聞き手を 確実に幸せにしてくれる。これら珠玉の作品たちを愛情深く演奏するのは 英国音楽のエキスパート・ハンドリーとRPO。もはや言う事なし! 美しいイギリス音楽を求める方は必聴!! 

silver さん | 東京都 | 不明

2

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品