DVD 輸入盤

『メフィストーフェレ』全曲 デル・モナコ演出、ランザーニ&パレルモ・マッシモ劇場、フルラネット、テオドッシュウ(2008 ステレオ)(2DVD)

ボーイト (1842-1918)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DYNDVD33581
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Italy
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

フルラネット、テオドッシュウ、フィリアノーティ!
大物三人が揃ったボーイトの傑作『メフィストーフェレ』新映像登場!


鬼才ボーイトの『メフィストーフェレ』に新たな映像が登場! ヴェルディの『オテロ』、『ファルスタッフ』の台本作家として高名なアッリーゴ・ボーイトは、若い頃は革新的思想の作曲家として活動、その最大の成果がこの『メフィストーフェレ』でした。
 タイトルロールはバスの難役として知られています。このシチリア島パレルモでの上演では、大ベテランのフルラネットがメフィストーフェレ役で圧倒的な存在感。加えてフィリアノーティ、テオドッシュウと、非常に豪華なキャストです。
 ジャンカルロ・デル・モナコの演出は、伝統的な要素とモダンな舞台作りを思いっきりよく混ぜ込んだもの。色彩の美しさは流石です。録音ですら珍しく、映像ではかなり久々のものです。日本ではまだプロによる上演がなされていない『メフィストーフェレ』だけに、このDVDでたっぷりお楽しみください!(キングインターナショナル)

【収録情報】
・ボーイト:歌劇『メフィストーフェレ』全曲
 フェルッチョ・フルラネット(Bs メフィストーフェレ)
 ジュゼッペ・フィリアノーティ(T ファウスト)
 ディミトラ・テオドッシュウ(S マルゲリータ/エレナ)
 ソーニャ・ザラメッラ(Ms マルタ)
 ミンモ・ゲッギ(T ワグネル/ネレオ)、他
 パレルモ・マッシモ劇場管弦楽団&合唱団、バレエ団
 ステーファノ・ランザーニ(指揮)

 演出:ジャンカルロ・デル・モナコ
 装置:カルロ・チェントラヴィーニャ
 衣装:マリア・フィリッピ
 収録:2008年1月、パレルモ(ライヴ)

 収録時間:164分
 画面:カラー、16:9
 音声:LPCM 2.0、DD 5.1
 字幕:イタリア語、英語、ドイツ語、フランス語
 NTSC
 Region All

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ボーイト:歌劇『メフィストーフェレ』全曲

ディスク   2

  • 01. ボーイト:歌劇『メフィストーフェレ』全曲

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
素晴らしい。特にエピローグには感動した。...

投稿日:2020/07/25 (土)

素晴らしい。特にエピローグには感動した。 プロローグは舞台裏(舞台袖)で歌う合唱団と舞台上のメフィストーフェレ1人で進行するのだが、メフィストーフェレを歌うフルラネットの演技が光る。 天上世界をイメージさせる神秘的な舞台セットもいい。 パレルモ・マッシモ歌劇場の合唱団はなかなか演技が上手く(中には演技だけする人も入っているのか?)、第一幕の復活祭、第二幕の魔女の夜会など、ドラマを盛り上げている。 舞台セットや衣装・設定は戯曲とは違うが、どれも意表を突く面白さであると共に変化があっていい。 モナコの演出はとても成功していると思う。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
大変面白く見ました。DYNAMIC盤が字幕無し...

投稿日:2014/04/07 (月)

大変面白く見ました。DYNAMIC盤が字幕無しなので、こんなオペラは字幕入りが必須。演出もなかなか手の込んだもので、ラスベガスには驚きますが、一応拍手を。お金をかけていますね。歌手は三人ともお見事。テオドッシューの健在ぶりに大満足。梯子を昇りながらの歌唱はご苦労様。テアトロ・マッシモ、イタリア・ローカルの底力を見せてくれました。

オペラかじり虫 さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
この作品にして、このレビューの賑わいは何...

投稿日:2009/11/28 (土)

この作品にして、このレビューの賑わいは何としたことか。マイナーな作曲家のマイナーな作品だと思っていたが、意外にもこの曲は人気作品なのか、もしくは関心を持たれている作品なのだろう。さて、肝心のこのDVDだが、確かに既に指摘があるように、オーケストラも頼りなく、合唱もまたはなはだ頼りない。したがって、宗教曲風に始まる冒頭のプロローグではことさらに貧相なものとならざるを得ないのだ。ただし、それらの欠点も次第にましにはなってくるし、フルラネットとフィリアノーティのコンビは悪くない。テオドッシュウのマルガリータはいただけないが。マッシモ劇場の狭い(特に横の拡がりがない)舞台の欠点を克服するために、縦と奥行きに活路を求めたデル・モナコの演出には共感できる。ただし、ワルプルギスの群舞などは凡庸か。音質はチューニングのせいか時々バランスを欠くが、画質はおおむね上々だ。

烏 さん | 広島県 | 不明

1

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品