ナチスと動物 ペット・スケープゴート・ホロコースト

ボリア・サックス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784791759590
ISBN 10 : 4791759591
フォーマット
出版社
発行年月
2002年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
関口篤 ,  
追加情報
:
20

内容詳細

狼は○、しかし豚は×。生き物を偏愛し、ペット愛玩から屠殺法まで、詳細を極めたナチスの動物愛護の仕方。その生命観が、なぜ極端な人種差別と死の強制収容所へと走らせたのか。「血と大地」というヒトラーの純血主義の陥穽を、動物という身近な視点から大胆に解明―。

目次 : 第1部 動物と国家社会主義の知的起源(捕食獣と餌/ ロマンチックな恐怖)/ 第2部 ナチス・ドイツにおける動物のシンボル(祖父類人猿/ 子羊の血 ほか)/ 第3部 扱い方、理論、研究(謎の技術官僚組織/ 動物、自然、法律 ほか)/ 第4部 犠牲と死(屠殺/ 生贄 ほか)

【著者紹介】
ボリア・サックス : 1949年、ニューヨーク生まれ。シカゴ大学哲学科を卒業後、ニューヨーク州立大学にて歴史・ドイツ文化研究で博士号を取得。以後、アムネスティ・インターナショナル、ヘルシンキ・ウォッチ、インターナショナル・リーグ等の人権組織の顧問。環境保護のNPOの設立者でもある

関口篤 : 英文学者・詩人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ボリア・サックス

1949年、ニューヨーク生まれ。シカゴ大学哲学科を卒業後、ニューヨーク州立大学にて歴史・ドイツ文化研究で博士号を取得。以後、アムネスティ・インターナショナル、ヘルシンキ・ウォッチ、インターナショナル・リーグ等の人権組織の顧問。環境保護のNPOの設立者でもある

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品