ホルヘ・ルイス・ボルヘス

人物・団体ページへ

続審問 岩波文庫

ホルヘ・ルイス・ボルヘス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003279236
ISBN 10 : 4003279239
フォーマット
出版社
発行年月
2009年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,406p

内容詳細

ボルヘスのエッセイの極北。古今東西の作家や文学作品を思いも及ばぬ驚異的な連想力で結びつけ、作家をつうじて現れた文学表現の総体性もしくは伝統を論じる文学論の奇観。短篇小説と同じよろこびを感じながら読むことができる。底知れぬ奥行きをもつ評論集。

目次 : 城壁と書物/ パスカルの球体/ コウルリッジの花/ コウルリッジの夢/ 時間とJ・W・ダン/ 天地創造とP・H・ゴス/ アメリコ・カストロ博士の警告/ カリエゴ覚書/ アルゼンチン国民の不幸な個人主義/ ケベード〔ほか〕

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • zirou1984 さん

    ボルヘスが30代後半から50代前半にかけて執筆されたエッセイ集。ここでは小説や詩作で用いられる意匠=衣装は剥ぎ取られ、工匠者としてのルーツを考証可能とする裸の知性そのものに触れることが出来る。言及し研究された書物は西洋史を縦断しつつもスペイン語圏の作家まで無数に上り、そのテーマも文学論から神学論、哲学的命題と横断的である。バベルの図書館の元ネタとなる作品が存在していたのは驚きであった。しかしボルヘス的なものは言及すればするほど遠ざかる、まるで彼の作品の主題となる無限後退性そのものの様な気がしてしまうのだ。

  • 内島菫 さん

    本書の主眼となっている「無限後退」やパリンプセスト、「すべての行為は、無限に連続する原因の帰結であり、無限に連続する結果の原因である」という事態は、「同じことと違うこと」や「一と多」という問題にある世界の秘密の罅割れだ。その罅割れを指し示し、ボルヘスは観念論が物や自我を否定した手つきを応用することで時間を否定する、「同一の項目がくりかえされるということは、時間の順列を崩壊混乱させるに足るものではないのか?生涯シェイクスピアの一行にとり憑かれたシェイクスピア気狂いは、シェイクスピアその人ではないのか?」

  • キャディ さん

    ボルヘスが好んだ「人は二度同じ川に降りていかない」というヘラクレイトスの言葉がある。彼もまた、聖アウグスティヌスと同様、「時に取り憑かれた人」ではなかったのだろうか。ボルヘスの永遠は、アララ仙人の「識無辺処、無所有処、非想非非想処」、ナーガールジュナ空論の「有辺無辺同一論」に近い感じもする。ボルヘスは「現在」をホワイトヘッドの「延長的抽象化」として、時間と空間の三次元的なマニフォールドを現前する「神」とともに遺棄しようとしているかのよう。それは同時性という円環/無限のディスクールの愉楽ともいえるかもね。

  • マウリツィウス さん

    【続・審問】ホルヘ・ルイス・ボルヘス−つまり『創造書』に住まう《幻獣》が「ボルヘス」定義、古典諸語の構成した《初期へブル語遺産》が彼であるとするならば七十人訳以降定式化された「ブエノスアイレス図書館」とは「アレクサンドリア図書館」と主題合致する。そして、イエス・キリストを根本命題とした『新約聖書』を切り捨てた彼は《デミウルゴス》=グノーシス属性をも継承、それをヘルメス的に古代教会史から復活させた異端セクト派生でもあるが、古典期を蹂躙するローマ帝国を滅ぼすべく引用された《神学論》が「ボルヘス」と称される獣。

  • 長谷川透 さん

    別の著書で書かれていた内容と重複するものが多かったのも事実であるが、驚くのはそれぞれのエッセイの執筆時期が古いものから新しいものまで約20年の幅があるにも関らず、ほとんど同時期に書かれたものを読んでいるようであった。勿論、エッセイの内容は多岐に渡るのだが、ボルヘスの思考軸は両手で数えるほどしかなく全く以てぶれない。ボルヘスの筆致も端っから完成されていて、若さであるとか、円熟であるとか、同一の著者の文章を年代別に追っかけたときに感じるような味わいを一切感じさせない。こんな作家を僕はボルヘス意外に知らない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ホルヘ・ルイス・ボルヘス

1899‐1986年。20世紀を代表する詩人・小説家。アルゼンチン生まれ。幼少から古今東西の書物に親しむ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品