CD 輸入盤

組曲『惑星』 A.デイヴィス&BBC交響楽団

ホルスト (1874-1934)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8573890872
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

ホルスト:
・組曲『惑星』
・交響詩『エグドン・ヒース』

 BBC交響楽団&合唱団
 アンドリュー・デイヴィス(指揮)

 録音:1994年(デジタル)

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Gustav Holst (1874 - 1934)
    The Planets, Op. 32/H 125
    演奏者 :
    Davis, Andrew, Sir (Organ)
    指揮者 :
    Davis, Andrew, Sir, Davis, Andrew, Sir
    楽団  :
    BBC Symphony Orchestra, BBC Symphony Chorus
    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Suite / Tone Poem
    • 作曲/編集場所 : 1914-1916, England
    • 言語 :
    • 時間 : 50:19
    • 録音場所 : 12/1993, St Augustine's Church, London, England [Studio]
  • Gustav Holst (1874 - 1934)
    Egdon Heath, Op. 47/H 172
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 :
    • 作曲/編集場所 : 1927, England
    • 言語 :
    • 時間 : 13:7
    • 録音場所 : 12/1993, St Augustine's Church, London, England [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベルベット・サウンド 弾性を持った温かい...

投稿日:2017/11/30 (木)

ベルベット・サウンド 弾性を持った温かい質感で鳴る音響に惹きつけられる 人肌を持った”惑星”から齎される抱擁感に包まれる 死の闇と冷感に満ちた宇宙空間に温かい血の通った人間が旅立つ時 恐怖を超える冒険心に内在する楽天性の滑稽さと愉快さが見える だがそこに広がる未知の脅威は厳然とあり続ける事実 実際に人間が宇宙に飛び出した今 ホルストが書いた誇大妄想的”惑星”の姿は全く違ったものになったと言える 遠くはない未来確実に人類は惑星間を飛行しているだろう まだ知り得ぬ恐怖に直面することもあるだろう その現実の前でわたしたちはその時 ”惑星”はどう聴くのだろう 見果てぬ夢の象徴としてか また見たものとの齟齬に戸惑っているのか それをわたしたちは知る由もない ただ未来の私たちも”惑星”を聴いていると思う 宇宙に不思議がある限りそして人類が知ることを欲する生き物である限り幻想の窓は閉じられない これはいい お聴きになっては如何  

風信子 さん | 茨城県 | 不明

2
★
★
★
★
★
かれこれ5〜6年前に購入して以来、数回聴...

投稿日:2011/04/25 (月)

かれこれ5〜6年前に購入して以来、数回聴いた程度で放っておいたCDである。というのも、当時は平凡でごくありふれた演奏にしか聴こえなかったから。クレジットに拠ると録音は1993年にT・フォークナー氏が担当しており、彼のセンスと実績から見てどうにも合点のいかぬ仕上がりが何とも不可解であった。7年程前、現在の部屋に新たに再生装置を導入、ひたすらSPのセッティングと部屋のチューニングに意を注いできた。その後の停滞・紆余曲折を経てようやく90%程度の能力を引き出せる様になったと確信を得た頃、ふと当盤が脳裏を過った次第。あの凡庸なCDがどの様な変貌を見せるか、あるいは変わり映えせず埋没するのか、まことに興味津々、結果は先述の方々とほぼ同様の素晴らしいものであった。これが同じCDとは全く思えない、まさに別物、左右の展開は相応に感じられたが前後方向の広大さには大変驚いた。よって上記の疑問は完全に消え失せた、やはり彼は信頼に足るエンジニアであったのだ。加えて、今後へ向けた更なる改善の目途がついたのも喜ばしい限りである。今回の体験から言えば、当然のことながらレヴューに関してもより慎重な記述にならざるを得なくなる。自戒の念を込めて記入したこのレヴューが諸兄の参考になれば幸甚の極みであります。 (因みに文中の試行錯誤には一切お金をかけておりません、再生機器の能力が存分に発揮されなければ宝の持ち腐れです、御自身の聴覚を信じて労を惜しまず根気よく追い込むのが何よりです)

盤鬼hmv11 さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
想像以上に超すばらしかった。お国モノのD...

投稿日:2010/05/04 (火)

想像以上に超すばらしかった。お国モノのDNAっていうものは音楽にもある… ということを感じさせます。そして けっしてクリアという感じではないが よく音を拾っているヌケのいい録音で、すばらしく聴こえが良いです。とても豪快な火星や木星、たいへんリリカルで気持ちの良い金星や土星など A・デイヴィス指揮は手作りの味わい。BBC響も とくに金管と打楽器の健闘を大いに称えたい。この曲のCDの最高の一枚として挙げたい。しかも1000円? すばらしい。

ケイン さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ホルスト (1874-1934)

“惑星”で有名なイギリスの作曲家グスターヴ・ホルストは、1874年9月21日、英国グロースターシャー州のチェルトナムにスウェーデン移民の子として生まれます。父は音楽教師、母はピアニストだったこともあって、家庭環境は非常に音楽的でした。1887年、チェルトナム・グラマー・スクール入学。1891年、同校卒業。管弦楽のための間奏曲、スケルツォ作曲。1892年、ウィック・リッシントンでオルガニストの職に就

プロフィール詳細へ

ホルスト (1874-1934)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品