ペンギン・ハイウェイ 完全設定資料集

ホビー書籍編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047352605
ISBN 10 : 4047352608
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
216p;25

内容詳細

映画『ペンギン・ハイウェイ』制作の秘密に迫る!

映画『ペンギン・ハイウェイ』はどうやって生まれたのか。ファン必携の設定資料集がついに登場!


この作品のために描かれた貴重なデザインの数々を網羅! 細部にまで作り込まれた綿密なキャラクター設定、息をのむ美麗な美術設定、美術ボードやカラースクリプトを大公開! 魅力あるキャラクターの設定画とアオヤマ君の部屋、海辺のカフェ、ジャバウォックの森などの細密な美術設定画を通して、作品の世界観をより一層楽しめる!

さらに! 石田祐康(監督)×新井陽次郎(キャラクターデザイン)×竹田悠介(美術監督)×益城貴昌(美術監督)による座談会も収録!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nishiyan さん

    映画の感動と興奮が冷めやまぬ中、ついに購入。映画を思い返しながら読んだ。お姉さんとペンギンの設定画の多さには監督のこだわりを感じた。特にコーラなどがペンギンへと変身するところは詳細。またアオヤマ君のクラスメイト全員に名前が与えられており、本作は教室パートがあまり多くはないのに作り込まれているなぁと驚いた。初期ボードでは、早い段階でアオヤマ君やウチダ君たちのキャラクターが固まっており、ハマモトさんやアオヤマ君のお母さんがだいぶ変わった印象を受けたかな。映画を観て気に入った方は買い。

  • 阪口まな さん

    ああペンギン・ハイウェイが観たい。4回しか劇場へ行けなかった。ある程度は満足したと思っていたけれど、足りない。早く円盤が発売されないだろうか。 初期ボードのアオヤマ君とお姉さんの距離@〜Dを眺めていると視界がボヤける。 森見登美彦の名作小説からスタジオコロリドが傑作映画を創り出した。映画『ペンギン・ハイウェイ』が平成のうちに公開されたことが嬉しい。 観たい。ペンギン・ハイウェイが観たい。

  • 阪口まな さん

    近頃、『ペンギン・ハイウェイ』について悩んでいる方が多い。映画公開が近づき、映画が先か原作が先かというものである。 未読か…羨ましいな。どちらが先でも素晴らしい体験が待ち受けている。 私には不可能なことなので、映画を観てから原作を読んだ方々の感想を楽しみにしている。 少し違った話だが、映画が先か設定資料集が先か悩むと思っていた。購入後即読破(?)した。 あぁ映画たのしみだなぁ。

  • なぎ さん

    美術設定から作品への愛が伝わり、映画がますます楽しみになった。ペンギンをいかに可愛く、かつリアルに表現するか、海やジャバウォックの見た目は?といった感じで森見ファンも頷ける内容。初期設定のお姉さんたちが可愛さ重視なのもなかなか面白い。

  • Akari さん

    原作の小説がめちゃくちゃすきで、映画化決まってからずっと楽しみにしてます?もうすぐ公開だな〜〜? 完全設定資料集、3軒本屋さん見てみたけど置いてなかったから地元の本屋さんでお取り寄せしてもらいました?ほんまに飽きることなくずっと見てられる。あのかわいい世界観そのまんまでますます映画待ち遠しい。そして、ペンギンのCV、久野ちゃんって!!!絶対かわいいいいい!!!!ってなりました(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド