ホアン・フォンクベルタ

人物・団体ページへ

秘密の動物誌 ちくま学芸文庫

ホアン・フォンクベルタ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480091161
ISBN 10 : 4480091165
フォーマット
出版社
発行年月
2007年11月
日本
追加情報
:
15cm,233p

内容詳細

光る象、多足蛇、水面直立魚―。世界各地には驚くべき未知の動物が棲息していた!数々の珍獣を「発見」したのち謎の失踪を遂げた動物学者、ペーター・アーマイゼンハウフェン博士の偉業を、膨大な写真や詳細な観察記録などから紹介。「存在するとは写真にうつるということである」という逆説が、動物たちの存在証明を主張する。幻の生物たちが闊歩する「あったかもしれない地球」を夢見させ、想像力の冒険へといざなう驚愕の書、待望の文庫化。

目次 : 1 ペーター・アーマイゼンハウフェン博士の生涯/ 2 新種・奇種の動物たち(ソレノグリファ・ポリポディーダ/ ミコストリウム・ウルガリス/ トレスケロニア・アティス/ アナレプス・コミスケオス/ ミオドリフェラ・コルベルカウダ/ ペロスムス・プセウドスケルス/ イクティオカプラ・アエロファギア/ ウォルペルティンゲル・バッカブンドゥス/ インプロビタス・ブッカペルタ/ フェリス・ペンナトゥス ほか)/ 3 解説

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うめ さん

    上質な、大人のための、エンターテイメント。様々な意味が内包された笑いを嗜むも良し。異形を愛でるのも良し。小説として楽しむのも良し。解像度の悪いモノクロ写真は、もう既にそれだけで、謎を秘めたアイテムとなる時代になったのだなぁとややセンチメンタルな気持ちに。出版当時に読んだ大人の方々の感想が知りたいところ。

  • 芍薬 さん

    なんだって居たら楽しい!って思うものはもう存在してるって信じる事にしています。そっちのが人生楽しいです!

  • 梟木(きょうぼく) さん

    発光する象や一本足で直立する貝、吸血ウサギなど人々の空想の領域にのみ存在する<非存在>の動物について多数の研究資料を交えつつ大真面目に解説した、奇書中の奇書。如何にもありそうな珍種動物の観察記録や解剖デッサン、写真や剥製(!)といった資料の数々が「事実らしさ」を補強する。巻末では作者による制作の意図も述べられているが、私たちはもちろんそれらを素通りして例えば「空飛ぶ象」の無茶さに驚き、呆れ、そして笑えば良い。あらゆる芸術作品がそうであるように<幻想動物>もまた、世に放たれた瞬間から作者の手を離れている。

  • Te Quitor さん

    世界中で数々の新種を発見し、後に謎の失踪を遂げた動物学者アーマイゼンハウフェン博士の資料が発見された。これは、それを元に整理してまとめた研究文書である。未知の動物の紹介にワクワク。この本を大雑把にジャンル分けするならば『鼻行類』と同系統。違うのは絵ではなく全て「写真」だというところだろう。博士の生い立ちや研究が詳細に載っており、手の込みようが素晴らしかった。稀有な完成度。未確認動物「ネッシー」の写真に似たロマンがある。「事実って何だ」 なかなかの皮肉が込められた奇書だと思う。こういう試み、面白いね。

  • 辛口カレーうどん さん

    絶対的真実など、この世にない。 この本の中の写真や、文章を信じた時点で、これらの手の込んだ嘘っぱちが真実になる。 何にしても、こういう皮肉とユーモア溢れる本、大好きです。 クラフトエヴィングの作品と、通ずるものがあります

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品