ペルト、アルヴォ(1935-)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Fratres、Tabula Rasa、交響曲第3番 ヤルヴィ&エーテボリ交響楽団、シャハム、Etc

ペルト、アルヴォ(1935-)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4576472
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Legs Gettin' Bigger and Bigger - Red Saunders Band
  • 02. You Can Stay But That Jive's Got to Go - Dusty Brooks
  • 03. You're All Right with Me - Joe Pullum with Lloyd Glenn
  • 04. Gal with a Whole Lotta Loot - Pete Peteron
  • 05. I'll Get You By and By - Pete Peterson
  • 06. Sweet As Can Be - Ray Charles
  • 07. Divertimentos (6) For Guitar, Op. 13: No 2, Waltz in G Major
  • 08. Monkey Song - Frantic Faye Thomas
  • 09. Red Head and Cadillac - Floyd Dixon with Eddie Williams' Brown Buddies
  • 10. I'll Do Anything But Work - Ray Charles
  • 11. Take Out the Squeal - Earl Jackson
  • 12. Umbrella Song - Floyd Dixon with Eddie Williams' Brown Buddies
  • 13. So There - Charles Brown with Johnny Moore's Three Blazers
  • 14. Satchelmouth Baby - Basin Street Boys
  • 15. Swing Man - Jack McVea
  • 16. Right Around the Corner from Basin Street - Mabel Scott
  • 17. Sweethearts On Parade - Billy O'Connor
  • 18. Bippety Be Bop Pony - Basin Street Boys
  • 19. Voot Nay On the Vot Nay - Basin Street Boys

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アルヴォ・ぺルトが、20世紀現代音楽路線を...

投稿日:2013/04/30 (火)

アルヴォ・ぺルトが、20世紀現代音楽路線を突き進んだ後、当局、ソ連の逆鱗に触れて路線変更、それが本意だったのか、強制によるものだったのか、とにかく、行き詰まって、見出した音楽は、東方教会音楽、古楽であった。その過渡期に書かれた交響曲3番、息の長い和音に旋律、グレツキの交響曲3番の如く悲しみを湛え、やがて、ジャズレーベルだったECM、国を同じうするクレーメルや、ヤルヴィ親子らが、当然の使命としてその美しさに魅せられ、反抗の意味も込めて取り上げ、耳にすること、多くなったぺルト。父ヤルヴィは、この交響曲3回目の録音。それでも生きて、何かを生み出して行くのだよ、と言う、悲しみに溢れた、美しいぺルトの代表的作品を集めた演奏です。ぺルトには、他にも、ブリテン、ロストロポーヴィッチに捧げられた作品もある。「鏡の中の鏡」「アリーナの為に」などは、静かに、少ない音で、生きるのに疲れた人間の心を、文字通リ癒し、和らげてくれる作品、が、有ります。貴重な20世紀の作品。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

1

ペルト、アルヴォ(1935-)に関連するトピックス

おすすめの商品