ペネロピー・エヴァンズ

人物・団体ページへ

最後の娘 創元推理文庫

ペネロピー・エヴァンズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488117023
ISBN 10 : 4488117023
フォーマット
出版社
発行年月
1997年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
354p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きりぱい さん

    うあああ、気持ち悪い。他人の行動を非常識に思うのに、自分の異常な行動はへ理屈で通ってしまうラリー。72歳の彼が目につけたのは新しく入った下宿人のマンディ。この娘のことは私だけがわかってあげられると親切を押し売り。恩着せがましく、お返しがないとイジワルになるところが何とも。結局のところアマンダはどう思っていたのか、ラリー目線しかないから滑稽といえば滑稽だけれど、うざったさもトホホを越えるとサイコスリラーかホラー。途中で予想のついたオチにならないことを望んだけれど・・。

  • けいちゃっぷ さん

    いやはや、なんとも超ジコチューでストーカー気質の老人(ラリー・72歳)がいたもので。ラリーがいる下宿屋に入居するはめになった娘さん(アマンダ)が気の毒で気の毒で。話がアマンダの一人称か三人称で語られるなら、ラリーの行動は気味が悪くて仕方がないが、ラリーの一人称で語られているため常軌を逸した行動もすべてラリーの頭の中では筋が通っていることだと分かるのである。後半になってラリーの心理のアクロバットを楽しめるようになると、あら不思議なんという上質のユーモア小説。ラストは、まあそうなっちゃうのかね。354ページ

  • 樽 さん

    緻密な論理を組み立てていく彼の頭の中をえんえん読まされる。突っ込みどころ満載の彼の理屈を追っているうちに、なんだかこっちが間違っているような変な気分になる。

  • しい☆ さん

    めちゃめちゃ気持ち悪い。早く他の本読んで忘れたい。

  • 丰 さん

    Y-10

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品