ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Sym.9: Celibidache / Munich.po

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EMI5568422
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
   已前は、交響曲は Mahler の七番。別...

投稿日:2013/05/11 (土)

   已前は、交響曲は Mahler の七番。別ても Klemperer, Halasz, 及 Leaper. そして、六番。− Levi がいいですね。にしか魅かれず、Beethovenn は余りに勿体が付いてしんどい。と、思っていました。Beethovenn は、協奏曲に就いては今もそう思いますが、近頃は、七番、八番、九番、と Brahms の一番の四つの交響曲はやっぱりいい。と、思う様に成りました。この頃のものは皆いいですが、Celibidache は取別け好いです。齢を重ねた所為でしょう。

四郎右衛門 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
現在廃盤なのですが注目しておくべき演奏盤...

投稿日:2010/11/05 (金)

現在廃盤なのですが注目しておくべき演奏盤なので私の感じたことをメモする次第です。本盤演奏を含めEMIからリリースされた一群の演奏盤はチェリビダッケの遺族が数々の海賊盤に対抗して一応正規の盤をEMIプロデュースに任せたものですね。そして各盤共通した添付ノートには「自分たちが生きているこの世界のことを、そしてこの世界が今、何を必要としているのか考えていただきたい。CDの箱を開けて、盤をプレーヤーに乗せるまでのほんの一瞬でも・・・」云々の彼らの気持が載っている事にその真意を知りました。チェリビダッケ(当時77歳)指揮MPO/MPOCOその他独唱陣による1989年3/17ライブ録音の第九ですが聴く前から覚悟していた通り?の出来具合・・・ただ、チェリビダッケ自身は「テンポについて部分的に取り出して論じてはいけない」と述べている点を押えつつそれでも何と長く時間をかけた演奏であろうか!との思いは消えません・・・実演奏タイムは@17’27A12’22B17’57C29’24ですが現物はライブですから拍手等のタイムが加わります。第1楽章、ゆっくりしたスタートは当然とも言えるでしょう。しかし一面懐かしい感じもしないではありません。音色は強くなっても艶っぽく立体的な分厚さが特徴です。緊張感から言うと少し不足気味なのかもしれませんがチェリビダッケ節を「さぁ、聴かせてもらいましょうか」という姿勢になっている自分に気がつきます。この楽章最後ソフトに落すのも彼らしいです。第2楽章・・・普通は殺気あるティンパニー協奏曲の如く丁々発矢なのですが少しやっぱり雰囲気が違います。巨大岩を転がすようなティンパニーで実にゆったりした重い歩調であります。構えが大きいとでも言えるのでしょう。途中節が変わる処ではテンポは普通になりますが再びダルく回復?します。第3楽章・・・普通は前二楽章と最終楽章に挟まれた緩徐楽章としてのポイントをあげる処なのですが本演奏はそのポイント期待は薄められてしまいます。それでも流石チェリビダッケ、神秘さにおいては秀逸。主題を歩幅大きく浮かばせ進めて印象的であります。さて、いよいよ最終楽章ちょっとティンパニーがイレギュラーに入ります。低音弦のダラーッとした感じと対照的。以降流れる様にゆっくり進みティンパニーの強め打をバックにオーケストラがやがて歓喜テーマに・・・。独唱陣は結構包容力があり声楽部がスタートして行きます。合唱歓喜テーマもスピードは普通。そして一段落して合唱・・・「抱き合おう」斉唱部分その他・・・が「語り」的な処が実にユニーク、こんなにテンポ落として合唱がよくついて来るなと思われる位解析する様に進みます・・・作為が目立つのは言うまでもありません。最終コーナーでは独唱陣、合唱陣橋渡しのニュアンスが面白いです。フィナーレはヒステリックにならず全合奏、合唱意外とテンポはノーマル?にそして堂々と終わります。なお、このEMI盤以外に同じ組合せメンバーによる演奏で直近日二種の記録盤(3/16演奏タイム@17’37A12’19B17’27C28’40及び3/19演奏タイム@17’18A12’13B17’09C28’10)・・・それこそ海賊盤?・・・があるそうですよ。一般的ではない演奏の記録ですがチェリビダッケ・ファンなら1958年RAIトリノSO共演盤(表示タイム@15’17A11’26B15’28C26’22)とともにチェリビダッケ美学として聴きたい演奏です。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

2
★
★
★
★
★
17’32/12’31/18’01/28’58(7’32+21’25...

投稿日:2008/07/24 (木)

17’32/12’31/18’01/28’58(7’32+21’25)

I&W さん | JAPAN | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品