CD

Piano Sonata.5, 6, 7: 仲道郁代

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BVCC34101
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

仲道は今ベートヴェンのピアノ・ソナタ全集に取り組んでいる。本盤はその第3弾で初期の「作品10」の3曲を収録。定評ある彼女のショパン演奏とはタッチも表現もひと味違う。一皮向けた印象で、音楽の成熟度が増しているのは明らかだ。第7番などその成果の現れた好演。(弘)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
前巻でVogue師と書いたのは、Vigoreさんの...

投稿日:2013/08/21 (水)

前巻でVogue師と書いたのは、Vigoreさんの誤りでした。Vigoreさん、申し訳ありません。いったい何てこんな間違いをしてしまったのか赤面モノですが、それにしても、イイですねぇ。このCD・・・

TOCHIPAPA さん | 広島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
第5番、第6番、そして第7番も圧巻である...

投稿日:2011/07/16 (土)

第5番、第6番、そして第7番も圧巻である。ベートーヴェンのピアノソナタをここまで弾きこなせるのは、日本人では彼女だけだろう。ジャケットの写真もカッコよく撮れているし、申し分ないCDである。仲道郁代を聴かずしてベートーヴェンを語るな、とでも言いたくなってくる。欧米のピアニストにコンプレックスを持つ人もいるようだが、世界に冠たるピアニストが日本にいるのを誇りに思う。

Vigore さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品