ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Missa Solemnis: Solti / Cso

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
425844
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Ludwig van Beethoven (1770 - 1827)
    Missa solemnis in D major, Op. 123
    演奏者 :
    Popp, Lucia (Soprano), Minton, Yvonne (Mezzo Soprano), Walker, Sarah (Mezzo Soprano), Howell, Gwynne (Bass)
    指揮者 :
    Solti, Sir Georg, Solti, Sir Georg
    楽団  :
    Chicago Symphony Orchestra, Chicago Symphony Chorus
    • 時代 : Classical
    • 形式 : Mass
    • 作曲/編集場所 : 1823, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Giuseppe Verdi (1813 - 1901)
    Quattro pezzi sacri
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Hymn / Stabat Mater / Te Deum
    • 作曲/編集場所 : 1889-1897, Italy
    • 言語 : Latin
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ショルティの「ミサ・ソレムニス」は、もう...

投稿日:2011/04/03 (日)

ショルティの「ミサ・ソレムニス」は、もう例によって予想通りの出来。きっちりした拍節のもとによくコントロールされた管弦楽と合唱が鳴り響いてゆく、というところ。でもねえ、やはり音楽はそれだけでは足りないってことですかねぇ。クーベリックではまことに美しく陶然とさせられたベネディクトゥスもなんだかさっぱり心に響いてこない。全般に破綻もない代わりに感動もない、という調子。このアルバムではむしろシャイーの指揮するハ長調ミサが魅力的でした。正直まるでなじみがなかったのですが、大いに聴き惚れました。ベートーヴェンも交響曲よりこれら二つのミサの方が私には魅力的であります。総じて高水準のアルバムですが、上記のように物足りなさはあります。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品