CD 輸入盤

Comp.symphonies: Batiz / Mexico State.so

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7509650009614
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Mexico
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
3、8番が凡演。9番は第2楽章トリオの一...

投稿日:2005/05/19 (木)

3、8番が凡演。9番は第2楽章トリオの一部で初期稿を使っていたり、基本的にメトロノームを意識してるのかと思えば7番終楽章はかなり速い。不思議だけど面白い。特に2、4、5番が良かった。

ブリュッヘン好き さん | 東京都 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
確かに、何にも考えていない演奏だ。このあ...

投稿日:2004/02/13 (金)

確かに、何にも考えていない演奏だ。このあっけらかん度は、メキシコというお国柄のせいなのか????いやまてよ、よく考えてみれば、深刻ではないベートベンなんて今までにも腐るほどあったではないか。オケも決して上手とはいえないこの盤を聴くくらいなら、マズアやマゼールのほうがオケが立派な分ずっとましだ。 それにしても、許氏はどうして、バティスなんかに熱を上げているのだろう。早く眼を覚ました方がよいかと存じます。

gz さん | 三重県 | 不明

2
★
★
★
☆
☆
私は「正統的」と言われる演奏はあまり好ま...

投稿日:2002/12/05 (木)

私は「正統的」と言われる演奏はあまり好まない。このCDも「こわいもの見たさ(聴きたさ?)」に購入した。ただ、怖くはなかった。初期の作品などは実に心地よく響く。しかし、やはり5番以降になると物足りない。指揮者が何をしたいのか全く見えない。確かに「正統的」ではないが、思ったほど「個性的」でもない。そういう意味で先発のチャイコフスキーでは欲求不満の塊になってしまった。けれど、きっと発売予定のブラームスとシューマンも買ってしまうであろう自分がわからない…。

tsucchy さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品