CD 輸入盤

Comp.piano Sonatas: Schnabel

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHS7637652
組み枚数
:
8
レーベル
:
Emi
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Allegro
  • 02. Adagio
  • 03. Meneutto, Allegretto
  • 04. Prestissimo
  • 05. Allegro Con Brio
  • 06. Let Me Be There
  • 07. Scherzo, Allegro
  • 08. Allegro Assai
  • 09. Allegro Molto e Con Brio
  • 10. Largo, Con Gran Espressione
  • 11. Allegro
  • 12. Rondo, Poco Allegretto e Grazioso

ディスク   2

  • 01. Allegro Vivace
  • 02. Largo Appassionato
  • 03. Scherzo, Allegretto
  • 04. Rondo, Grazioso
  • 05. Allegro Molto e Con Brio
  • 06. Adagio Molto
  • 07. Finale, Prestissimo
  • 08. Allegro
  • 09. Allegretto
  • 10. Presto
  • 11. Presto
  • 12. Largo e Mesto
  • 13. Menuetto, Allegro
  • 14. Rondo, Allegro

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この文章はDOCUMENTSの10枚組セットへのレ...

投稿日:2016/07/13 (水)

この文章はDOCUMENTSの10枚組セットへのレビューです。1930年代の録音というのに、この聴きやすさには驚かされます。確かに時にザーッと雨が降ってきたり、ブチブチという音がしたりすることもありますが、それは一瞬、鑑賞に支障はありません。音質も若干こもり気味の感があるもののキンキンという金属質的なものではないので聴き疲れはしません。その昔、東芝EMIのLPを聴いたときの、あのガッカリした思いは何だったのでしょうか? こうなると録音上シュナーベルはもはや“伝説の”ではなく“現役の”ベートーヴェン弾きとして現在に復活することになりますね。競い合うことになる現代の“本当の”現役ピアニストにはなかなか厳しい時代が到来していて同情します。なお、小生最近は「年代を表示する」としていますが、「不明」となります。どうしたのかしらん?

エステ荘の噴水 さん | 岩手県 | 不明

5
★
★
★
★
★
これもまた、「果たして演奏芸術は進化しう...

投稿日:2014/04/29 (火)

これもまた、「果たして演奏芸術は進化しうるのであろうか?」と思われる驚きの演奏である。こういった古いmono録音からもそういったことが伝わるというのは、真の芸術家にしかできないことであろう。古きよき時代の一人であったことがわかる。

segovia さん | 愛知県 | 不明

4
★
★
★
★
★
シュナーベルop.111,no.32は近現代ピアノソナタ演奏史...

投稿日:2012/09/08 (土)

シュナーベルop.111,no.32は近現代ピアノソナタ演奏史上未到の金字塔である。回顧と愛着、惜別を抱きながら、終焉を迎えこのような清々しさと生気に満ちた希望を湛えた旅立ちを伝える演奏があるだろうか?未来は希望であり、来世は生まれ変わりへの旅立ちだと信じる勇気を回復することを憶い起こさせる唯一の演奏だ。他に誰がこのような演奏をなし得ただろうか?録音の好悪も、演奏の技術的破綻も、タッチミスも、何一つこの演奏が放つ完璧な光輝を犯しえない。ベートーベンが時代と次元を越え放ち続ける不滅の輝きに満ちたメッセージを伝える歴史的遺産であり、録音史上未踏の人類至宝の精神である。20台にリヒテルに導かれ、ゼルキンに憧憬しグルダに心通わせ共感しつつ、30代に胸に刻んだ犯しがたい奥義は今なお一層の輝きを増し、20年の時間を越えて蘇り永遠の頂点に君臨する。この世で終焉を迎えるとき、僕はこの演奏と共に旅立ちたいと思う。

ドレクスラー さん | 神奈川県 | 不明

14

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品