CD 輸入盤

弦楽四重奏曲全集 エベーヌ四重奏団(7CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029533981
組み枚数
:
7
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


世界の室内楽シーンを熱狂させる次世代カルテットのトップランナー、エベーヌ四重奏団。
2020年のベートーヴェン生誕250年記念イヤーに向けた世界規模のプロジェクト
『ベートーヴェン・アラウンド・ザ・ワールド〜弦楽四重奏曲全集』!


ニューヨークのカーネギー・ホールからエベーヌに対し「2020年にベートーヴェン:弦楽四重奏曲の全曲演奏会を開催したい」との提案があったのが2014年のこと。この提案をもとに「エベーヌ」のメンバーたちは、自分たちにこそ実現可能なことは何か、今この時代にベートーヴェンを演奏することの意味などについて熟考を重ねました。その結果、クラシック音楽が親しまれている地域からそうではない地域まで、文字通り世界中の国々を演奏して巡り、比類なき芸術性で崇高な人類愛を謳い、地域、世代、文化の違いを超越したメッセージ性や普遍性を持つベートーヴェンの音楽を世界の人々と共有する、という画期的なプロジェクト『ベートーヴェン・アラウンド・ザ・ワールド』を発足させるに至りました。
 2019年4月から2020年1月にかけて、北米、南米、オーストラリアとニュージーランド、アフリカとインド、アジア、ヨーロッパの各地でワールド・ツアーを敢行、各ツアーの最終公演をライヴ録音し、全曲リリースを計画。またワールド・ツアーを通して撮影スタッフが同行し、ドキュメンタリー映画の制作も計画されています。そして、2020年にはカーネギー・ホールやロンドンのウィグモア・ホールなどの著名な音楽ホールで『ベートーヴェン・サイクル』公演を開催し、この壮大なプロジェクトが完結します。
 古典からジャズまでジャンルの壁を軽々と超え、圧倒的パフォーマンスでクラシック界に衝撃と革新をもたらした「エベーヌ」、音楽史上に革命を起こした「ベートーヴェン」、先鋭的芸術の粋が交錯するこのプロジェクトが、21世紀を生きる私たちの心に何を訴えかけるのか…。
 ディスク2のみ、2019年9月に先行発売済み。(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集


Disc1
● 弦楽四重奏曲第1番ヘ長調 Op.18-1
● 弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調 Op.131
 録音:2019年5月6日 フィラデルフィア、キメル・センター(ライヴ)

Disc2
● 弦楽四重奏曲第7番ヘ長調 Op.59-1『ラズモフスキー第1番』
● 弦楽四重奏曲第8番ホ短調 Op.59-2『ラズモフスキー第2番』
 録音:2019年6月11日 ウィーン・コンツェルトハウス、モーツァルトザール(ライヴ)

Disc3
● 弦楽四重奏曲第9番ハ長調 Op.59-3『ラズモフスキー第3番』
● 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調 Op.130
● 大フーガ 変ロ長調 Op.133
 録音:2019年7月16日 東京、サントリーホール、ブルーローズ(ライヴ)

Disc4
● 弦楽四重奏曲第6番変ロ長調 Op.18-6
● 弦楽四重奏曲第12番変ホ長調 Op.127
 録音:2019年9月18日 サンパウロ、サーラ・サンパウロ(ライヴ)

Disc5
● 弦楽四重奏曲第2番ト長調 Op.18-2
● 弦楽四重奏曲第11番ヘ短調 Op.95『セリオーソ』
● 弦楽四重奏曲第10番変ホ長調 Op.74『ハープ』
 録音:2019年10月30日 メルボルン・リサイタル・センター(ライヴ)

Disc6
● 弦楽四重奏曲第4番ハ短調 Op.18-4
● 弦楽四重奏曲第5番イ長調 Op.18-5
● 弦楽四重奏曲第16番ヘ長調 Op.135
 録音:2019年12月8日 ナイロビ、Alliance francaise de Nairobi(ライヴ)

Disc7
● 弦楽四重奏曲第3番ニ長調 Op.18-3
● 弦楽四重奏曲第15番イ短調 Op.132
 録音:2020年1月27日、フィルハーモニー・ド・パリ(ライヴ)

 エベーヌ四重奏団
  ピエール・コロンベ(ヴァイオリン)
  ガブリエル・ル・マガデュール(ヴァイオリン)
  マリー・シレム(ヴィオラ)
  ラファエル・メルラン(チェロ)


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品