Hi Quality CD

交響曲第9番『合唱』 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&バイロイト(1951)(2019DSDニューマスター)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS28425
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD

商品説明

>「クリムト展」連動でDSD11.2化した「第九」を通常盤で
オリジナル日本版ジャケット仕様


言うまでもなく「第九」の極め付きであり20世紀に記録された偉大なる遺産です。第二次大戦後、初めてバイロイト音楽祭が再開された初日に演奏された記念すべき演奏会の、20世紀音楽シーンの1ページを確実に飾る実況録音。深く曝想するピアニッシモから運身のフォルティッシモまで、熱く深い感動が時代を超えて溢る不滅の名盤です。
 2019年東京/愛知で開催された「クリムト展」においては、ウィーンの分離派会館を飾る壁画《ベートーヴェン・フリーズ》の精巧な複製による再現展示でBGMとして使用(展示室、音声ガイド、HPなど)。新規DSD11.2MHzマスターで鮮やかに甦った第九を、なじみ深い日本版オリジナルジャケットにした通常盤です。

※《ベートーヴェン・フリーズ》 ベートーヴェン 交響曲 第九番/ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団の通常盤仕様となります。
※2019年アナログテープを基にしたDSD11.2MHzマスターを使用/歌詞対訳付
※ハイレゾCD名盤コレクション盤(WPCS28420)に使用した、2011年96kHz/24bit化されたマスターとは異なります。(メーカー資料より)

【収録情報】
● ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』


1. 拍手(足音)
2. 第1楽章:アレグロ・マ・ノン・トロッポ・ウン・ポコ・マエストーソ
3. 第2楽章:モルト・ヴィヴァーチェ
4. 第3楽章:アダージョ・モルト・エ・カンタービレ
5. 第4楽章:プレスト

 エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)
 エリーザベト・ヘンゲン(コントラルト)
 ハンス・ホップ(テノール)
 オットー・エーデルマン(バス)
 バイロイト祝祭合唱団
 ヴィルヘルム・ピッツ(合唱指揮)
 バイロイト祝祭管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1951年7月
 録音場所:バイロイト祝祭劇場
 録音方式:モノラル(ライヴ)

 【2019DSDニューマスター】
 1. オリジナル・マスターテープより、アビーロード・スタジオにてDSD11.2MHzに変換
 2. JVCマスタリングセンター杉本一家氏により、UHQCD用にマスタリング

 オリジナル日本版ジャケット仕様
 日本独自企画盤

内容詳細

フルトヴェングラー指揮、バイロイト祝祭管による、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱」を収録。第二次世界大戦後、初めてバイロイト音楽祭が再開された際にライヴ録音された、歴史的音楽シーンを彩る黄金の一枚。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 拍手 (足音) (MONO)
  • 02. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」 第1楽章:アレグロ・マ・ノン・トロッポ・ウン・ポコ・マエストーソ (MONO)
  • 03. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」 第2楽章:モルト・ヴィヴァーチェ (MONO)
  • 04. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」 第3楽章:アダージョ・モルト・エ・カンタービレ (MONO)
  • 05. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」 第4楽章:プレスト (MONO)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
14
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
すっきりしたきれいな音になっています。単...

投稿日:2020/01/06 (月)

すっきりしたきれいな音になっています。単にそれだけです。コンピューターのいじった冷たい感じの音で、音楽的な感動できる音ではないようです。中音部が薄くなって物足りないです。デルタ、オーパス等も同じ傾向です。香りや雰囲気が薄れ感動に遠い音になってしまいました。LPのALPの音に近いのはオタケンでしょうか。この音にバイロイトのゲネプロの音が聴き取れますか。単なるスタジオのセッション録音みたいになった音です。聴き終わった後、きれいな音だが音楽的、温もりがあり人間味の感じられる美しい音ではないと思いました。

robin さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
カタログNo:GS2205、 交響曲第9番『合唱...

投稿日:2019/07/01 (月)

カタログNo:GS2205、 交響曲第9番『合唱』 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&バイロイト(1951)(平林直哉復刻 2019年リマスター)入手しました。 発売予定日よりも、何故かかなり早く配達されました(6月27日土曜日に届きました)。 早速視聴してみましたが、完璧ですね。今までに色々なレーベルから種々発売されて来たバイロイトの第九ですが、ついに終止符が打たれる完成型のCDが発売されたのです。 とにかく他のCDとは、情報量が、ダイナミックレンジが、細かい所まで明瞭に聞き取れる分解能力が、全く違います。唯一無二ですね、これは。 例えば、第一楽章。「足音入り」の純正CDだと、どうにも迫力が足りない。 とくにティンパニの打音や音量、トゥッティ時の響きの厚みや緊張感など。 しかし、平林直哉復刻2019年リマスター盤だと、ティンパニの迫力が違う。 不必要なリマスタリングをしていないおかげで、様々な楽器が奏でる音の情報量が豊だから、他の盤とは楽器の音そのものがかなり違って聞こえる。 要するに、より生々しくて、表情が濃いのだ。バイロイト祝祭管はピックアップオーケストラだったそうだが、ティンパニ、木管楽器と弦楽器が素晴らしいことが実感出来るだろう。フルトヴェングラー特有の個性的な(天国的な雰囲気とは違う)第三楽章も、さらに濃厚な表情付けが感得出来て、より一層魅力を増している。終楽章の爆発と疾走は言わずもがな。 今までどこのバイロイトの第九を買って聴いても物足りなかった人、これは本当に「最終型」だと思います。これ一枚買っておけば、他は一切必要無いと私は確信します。 ちなみに、ノイズも非常に少ないですよ。ここも不思議です。 へんに弄くっていないのに、ノイズがゼンゼン無い。 ダイナミックレンジが増大し、なおかつ低ノイズなので、第一楽章の冒頭部分はボリュームを上げないと聞こえ難いです。 平林氏が、調整された再生環境でお聴き下さいという旨を仰っておられるのは そういうことだと思います。

NKK さん | 東京都 | 不明

7
★
★
★
★
★
当CD発売前に、多数の他レーベルのCDを聴い...

投稿日:2019/06/19 (水)

当CD発売前に、多数の他レーベルのCDを聴いたレビューが掲載されているのはおかしい。当レビュー欄には、音質改善が期待される、グランド・スラム・レーベルの2019年リマスターCDのレビューのみの掲載をお願いしたい。他レーベルのSACDなんかの音質がどうかなど、誰も訊いていない。もちろん、私は当CDを予約購入します。

紅茶キノコ さん | 東京都 | 不明

12

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品