ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

Hi Quality CD 輸入盤

交響曲第9番『合唱』 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ウィーン・フィル(1953)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EPITA001
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
Hi Quality CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


「最晩年のフルトヴェングラーが到達した究極の《第9》の姿」(宇野功芳)

フルトヴェングラー初出の『第九』として、2009年にドリームライフ(エピタフォーン・レーベル RIPD0003)から発売され、『レコード芸術』誌で「特選」を獲得、大評判を呼んだこの名盤が復活します! しかも高音質CD「UHQCD」で!
 このディスク、演奏・録音ともに全曲盤が13種存在するフルトヴェングラーの『第九』の中で最高ランクの評価! 限定発売となりますので、この機会にお忘れなきようお求めください。(販売元情報)

「この演奏、録音の要点としては、次の六点があげられる−(1)演奏全体に、目立ったミスがなく、最後まで充実している事。(2)演奏全体の印象を低下させる様な録音時のテープ、経時変化などに特別大きな不調がなく、終楽章でも音量不足や音質の劣化がない事。(3)第1楽章の展開部フーガ部分の充実、再現部冒頭の壮絶な表現によって迫力が増し、各楽章の表現に理想的なバランスが出ている事。(4)第3楽章の表現が深い上にさわやかで、自然な流れが見事である事。(5)最初から熱気があり、指揮者、オーケストラ、ソリスト、合唱団、及び聴衆全体に、曲、演奏に打ち込む一体感が出ている事。(6)全体を通じてフルトヴェングラーの個性が最大限発揮されているが、それを超越してベートーヴェン「第9交響曲」の内容が直截に伝わってくる点で、最高の賛辞が与えられる事。」〜日本フルトヴェングラー協会 平田治義 2019年2月追記のライナー・ノーツより〜

「すでに翌31日のライヴがグラモフォン・レーベルで出ており、バイロイト盤を大人しくしたような解釈がなかなかすばらしく、録音もバイロイト盤を凌ぐほどであるが、今回の30日盤は演奏、録音ともにいっそう見事で、最晩年のフルトヴェングラーが到達した究極の《第9》の姿を示している。」〜宇野功芳 『レコード芸術』2009年4月号「新譜月評」より(販売元情報)

【収録情報】
● ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』


 イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ)
 ロゼッテ・アンダイ(アルト)
 アントン・デルモータ(テノール)
 パウル・シェフラー(バス)
 ウィーン・ジングアカデミー
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1953年5月30日
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 【オットー・ニコライ演奏会(同年1月23日の繰り延べ演奏会)】
 Produced by Epitagraph(原盤:エピタグラフ)

 限定発売
 国内製造品
 日本語帯・解説付

【Epitagraph(エピタグラフ)】
歴史的価値ある音源の発掘・蒐集・復刻を目的に2019年に立ち上げた国内の自主制作レーベル。旧エピタフォーン・レーベル。(販売元情報)

収録曲   

  • 01. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱」

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
★
★
ベートーヴェンの第9の演奏は好きなディス...

投稿日:2011/07/17 (日)

ベートーヴェンの第9の演奏は好きなディスクが多い。フルトヴェングラーなら有名なバイロイト盤、トスカニーニ、シューリヒト、ワルター、カラヤン(80年代)、ハンス=シュミットなど。 これだけあれば新しい演奏を聴く必要がないのだが、フルトヴェングラーの演奏となると話が違うと思うのは私だけではないはずだ。 この演奏は一言で言うと非常に渋い演奏だと思った。 何度も繰り返し聴いてじわじわそのよさが伝わってきた。 期待を裏切らない出来だ。 さすがフルトヴェングラー。 私が所有しているのはアナログの重量盤だが、フルトヴェングラーの録音にしては比較的よく録れているのではないだろうか。最新録音のようにはならないが、満足できる水準だと私は思う。 この商品で評価できるのは最初から音質が良いとされるHQCDとアナログの重量盤を発売したところだろう。出し惜しみしないところが良い。(通常のCDと通常のレコード盤とどの程度の違いがあるのか疑問があるが)こういった姿勢は大手メーカーに見習ってもらいところだ。とくにEMI。

黒い帳面 さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
フルトヴェングラーの久し振りの大型の新発...

投稿日:2011/05/13 (金)

フルトヴェングラーの久し振りの大型の新発見録音だったり、同日(前日?)の別演奏との比較、はたまた宇野功芳氏が激賞したことで、発売当初に話題となっていたCD。フルトヴェングラーの貴重な記録であり、演奏も素晴らしいと思うが、やはりというべきか、SACD化されたバイロイトの第9(51年)と比較すると、バイロイト盤の方に圧倒的に感銘を受けてしまうのである。

ドンナー さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
★
★
★
フルトヴェングラーの第9はこれまでにも数...

投稿日:2010/01/07 (木)

フルトヴェングラーの第9はこれまでにも数多くの演奏が発掘され、それぞれについて高音質化を試みたCDが複数発売されるなど、熱烈なファンならともかく、そうでない者にとってはいささか食傷気味であるが、それでも、ひとたび演奏を聴けば、いつも感動させてくれるのはさすがと言うべきであろう。本盤も新発見の演奏会の記録であるが、いつもながら感動的な名演であり、しかも、既にSACD化された54年のルツェルンのフィルハーモニア管や、42年のベルリン・フィルとの演奏を別にすれば、フルトヴェングラーの第9の中でも最も音質のいいものと言うことができると思われる。HQCD化されたのも大正解で、フルトヴェングラーの偉大な第9を、なかなかの満足いく音質で味わうことができる幸せを噛みしめたい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト