Blu-spec CD 2

交響曲第5番『運命』 テオドール・クルレンツィス&ムジカエテルナ

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC30561
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2

商品説明


ベートーヴェン・イヤーにふさわしい、最高最新の『運命』はこれだ!

今、世界で最も注目を集める指揮者、テオドール・クルレンツィスと、その手兵ムジカエテルナが、ベートーヴェン・イヤーの2020年に放つ問題作にして最高の話題作。クルレンツィスとムジカエテルナのベートーヴェン交響曲チクルスの第一弾は『運命』交響曲!
 2019年の来日公演でのチャイコフスキー・プログラムで日本の聴衆を興奮のるつぼにたたきこんだこのコンビによるベートーヴェン、しかも『運命』と来ては期待せざるを得ないでしょう。もちろん、その期待をはるかに上回る出来になっていることは間違いありません。2020年4月には待望の再来日公演(しかもベートーヴェン・プログラム)も控えており、まさに待望のリリースです。
 日本盤のみ高品質Blu-specCD2仕様。(メーカー資料より)

【収録情報】
● ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』


 ムジカエテルナ
 テオドール・クルレンツィス(指揮)

 録音時期:2018年
 録音場所:ウィーン、コンツェルトハウス
 録音方式:ステレオ(デジタル)


内容詳細

2020年のベートーヴェン・イヤーを飾るクルレンツィスと手兵ムジカエテルナによる、ベートーヴェン・チクルスの第1弾の登場。クルレンツィスの深い譜読みとムジカエテルナの鮮烈な演奏が興奮を呼ぶ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「カルロス・クライバー2020年度版」みたい...

投稿日:2020/04/25 (土)

「カルロス・クライバー2020年度版」みたいな演奏。無理に全集にはしなくてもいいが、あと3番だけは録音して欲しい。

akiapple さん | 大分県 | 不明

1
★
★
★
★
★
この指揮者は楽譜に忠実な演奏を目指してい...

投稿日:2020/04/15 (水)

この指揮者は楽譜に忠実な演奏を目指しているそうだが、確かにどこにもない演奏である。1番はtempoの設定、2番は必要な楽器の強弱、つまり「和声の響き方」などなど、とても斬新な演奏である。きっとベートーベンはこのような演奏を期待して作曲したのではないかと思わせる。 演奏は演奏者の解釈によるところであるから、どれが正解で、どれが誤りであるとは言い難い。しかし、この演奏を聴いているとベートーヴェンの作曲意図が如実に理解できる。 オーケストラをこのように操るクルレンツィスの演奏から目が離せない。 チャイコフスキーの交響曲第6番は録音も演奏もよくない。「演奏に緻密さ」がない。ストラヴィンスキーの「春の祭典」は「運命」よりも斬新な演奏とは言い難い。また、マーラーの交響曲第6番は解釈の余地が多様であるので、「運命」ほどの驚きは無い。私はラトル 、ベルリンフィル の演奏の方がマラー演奏としては「しっくり」とくる。これもまた演奏者に任された解釈の余地である。

ゲゲゲアサ さん | 神奈川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品