SACD

交響曲第7番、第8番 バーンスタイン&ウィーン・フィル(シングルレイヤー)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGG9083
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤

商品説明

ベートーヴェン:交響曲第7番、第8番
バーンスタイン&ウィーン・フィル


バーンスタイン没後25年記念
初回生産限定盤/日本独自企画
SA-CD〜SHM仕様/紙ジャケット

バーンスタインとウィーン・フィルのライヴ録音によるベートーヴェン全集から、交響曲第7番&第8番を収録した1枚。初DSD化。(UNIVERSAL MUSIC)

【収録情報】
ベートーヴェン:
● 交響曲第7番イ長調 op.92
● 交響曲第8番ヘ長調 op.93


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 レナード・バーンスタイン(指揮)

 録音時期:1978年11月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)

 独Emil Berliner Studios制作2015年DSDマスターを使用
 SACD Single Layer
 SACD STEREO

 SACD対応プレイヤーで再生できます。


【SA-CD〜SHM仕様】
音が見える! 躍動する! 世界が初めて耳にした別次元のクオリティ、SA-CD〜SHM仕様。透明性/流動性に優れるSHM素材をボディに使用。更にDSD本来の特性が生きるシングルレイヤー(2ch)方式を採り入れた究極のSuper Audio CDシリーズです。

※SA-CD対応プレーヤー専用ディスクです。通常のCDプレーヤーで再生することはできません。2ch音源のみのディスクです。Multi-ch(サラウンド)は収録しておりません。(UNIVERSAL MUSIC)

内容詳細

ウィーン・フィルと蜜月関係にあったバーンスタインが、ライヴ録音で完成させた二度目のベートーヴェン交響曲全集からの一枚。躍動感あふれる第7番、古典的な均整美をみせる第8番と聴きどころ満載だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第1楽章:Poco sostenuto-Vivace
  • 02. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第2楽章:Allegretto
  • 03. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第3楽章:Presto
  • 04. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第4楽章:Allegro con brio
  • 05. 交響曲 第8番 ヘ長調 作品93 第1楽章:Allegro vivace e con brio
  • 06. 交響曲 第8番 ヘ長調 作品93 第2楽章:Allegretto scherzando
  • 07. 交響曲 第8番 ヘ長調 作品93 第3楽章:Tempo di menuetto
  • 08. 交響曲 第8番 ヘ長調 作品93 第4楽章:Allegro vivace

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
全集買いましたが、最初に封を開けたこの盤...

投稿日:2015/10/22 (木)

全集買いましたが、最初に封を開けたこの盤に全集としての感想を書きます。アナログ録音時代最終期の銘盤。SACDになって蘇りました。前世紀の重厚長大型ですが、バーンスタインのライブだけに、躍動感が溢れる演奏で(これまでカットされていたと思われるうなり声もそのまま入っています(笑))、推進力は小規模オケによる最新型の演奏にも負けていません。グイグイと背中を押されるようなドライブ感大きなスケール感は、今になってもまったく色褪せず楽しめました。

かくとしらじ さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品