ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第5番『運命』、第7番 フルトヴェングラー&ベルリン・フィル(1943)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4277752
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベートーヴェン:交響曲第5番、第7番(1943)
フルトヴェングラー&ベルリン・フィル


【収録情報】
ベートーヴェン:
1. 交響曲第5番ハ短調 op.67『運命』
2. 交響曲第7番イ長調 op.92

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1943年6月(1)、11月(2)
 録音場所:ベルリン、旧フィルハーモニー
 録音方式:モノラル

収録曲   

  • 01. SYMPHONY NO.5 IN C MINOR, OP.67
  • 02. SYMPHONY NO.7 IN A MAJOR, OP.92

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
音質なんかどうでもよい。 第7番の2楽章の...

投稿日:2019/09/02 (月)

音質なんかどうでもよい。 第7番の2楽章の悲痛な響き! こんな音楽の録音が残されているとは知らなかった。 43年の「コリオラン」、42年の「グレート」と 並び称されても良いくらいの出来。 聴いていて背筋が寒くなる。

nk さん | 東京都 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
演奏はともかくとして,音質に少し問題があ...

投稿日:2015/04/30 (木)

演奏はともかくとして,音質に少し問題があるディスクです。これらの録音がソ連からDGに提示されたときにコピーによる音質劣化が結構強めで,言ってみれば絵画を薄もやの中で鑑賞するかのごとくです。ともすると細部が隠れがちになり,第7番をオーパス蔵盤(メロディア青レーベル盤より復刻)と比較するとその臨場感は別物と言ってよく,様々なニュアンスが明確に聞き取れるオーパス盤に比べて本盤はあまりに大まかです。本盤発売時は西側での正規盤初出と言う意味で存在価値がありましたが,より音質の良好な盤が様々入手できる現在,本盤を選ぶ意義は失われたと言えるようです。

広島のパヴァンヌ さん | 広島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
大戦中のベルリンでのライヴでエネルギーと...

投稿日:2013/01/29 (火)

大戦中のベルリンでのライヴでエネルギーと興奮に彩られた凄まじい演奏でいずれも有名なものだ。7番はウィンナサウンドが好みだが、5番はやはりベルリンフィルが合う。例によってff時のひずみはあるが、鑑賞には堪える。ソ連からドイツに返された放送局の音源から録ったCD。90年ごろに発売され大きな話題となったシリーズだ。その後、様々なレーベルから改善された音源が出ており、迷うほどだ。

eroicka さん | 不明 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品