ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第5番『運命』、第6番『田園』 ラトル&ウィーン・フィル

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
6317692
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

EMI MASTERS
EMIカタログのメイン・シリーズ「EMI MASTERS」の第2回発売、全20点です。EMIクラシックスが誇る、Master Recordings・Master Artists・Master Sound・Master Performanceを集大成するシリーズです。
 音源は既存のアビー・ロード・スタジオによるデジタル・リマスターを使用しています。(EMI)

ラトル&ウィーン・フィル/ベートーヴェン:交響曲第5番、第6番
ジュエル・ケース、8ページ・ブックレット

【収録情報】
ベートーヴェン:
・交響曲第5番ハ短調 作品67『運命』
・交響曲第6番ヘ長調 作品68『田園』
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 サイモン・ラトル(指揮)

 録音時期:2002年4月29日-5月17日
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
このようないかにもクラシックの定番作品、...

投稿日:2021/02/26 (金)

このようないかにもクラシックの定番作品、しかもウィーン・フィルハーモニーでは録音も名盤も多数ある。聞き比べの対象になるのは仕方がないが、ラトルのアプローチは大人しいと云うか、標準的と云うか安全運転、良いように言うならオーソドックス。私は、オーソドックスな演奏は好きだが、敢えてマイチョイスにするまでの演奏でもないかな。名門オケ(ベルリン・フィルハーモニー)のシェフになった宿命のようなプレッシャーがこのような定番作品を録音するときはあるだろう。残念ながら、このアルバムはやや消化不良気味で3点。

k.k さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品