ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

交響曲第5番『運命』、『エグモント』序曲 クリップス&ロンドン交響楽団(SACD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC4040
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

オリジナル35ミリ磁気フィルムよりSACDリマスタリング!
驚異の音質で蘇った『エヴェレスト』第3弾!
ベートーヴェン交響曲全集(分売)
クリップス&ロンドン交響楽団


1960年ステレオ録音。ヨーゼフ・クリップス[1902-1974]はウィーンに生まれワインガルトナーに師事した往年の名指揮者。オペラからシェーンベルクまで多くのレパートリーを持っていましたが、特にモーツァルトの演奏では定評がありました。
 ロンドン交響楽団を指揮したベートーヴェンの交響曲全集は、エヴェレスト・レーベルによってロンドンのウォルサムストウ・アセンブリー・ホールでセッション・レコーディングされたもので、快適なテンポと着実に仕上げられた演奏はなかなか魅力的です。
 今回は、オリジナルの35ミリ磁気フィルムからSACDリマスタリングされたものということなので、この演奏本来のサウンドが期待できるものと思われます。(HMV)

【キングインターナショナルより】
エヴェレスト・レーベルは1950年代後半に、ハリウッド映画と同じ35ミリ磁気フィルムを用いて、ステレオ最初期ながら驚異的な音の良さで世界のオーディオ・ファンを興奮させました。日本でも故・長岡鉄男氏が激賞して紹介したため、今日でも伝説のレーベルとして特別な存在となっています。
 今回オリジナル35ミリ磁気フィルムからSACDリマスタリングを施し、50年以上前の録音とは信じ難い鮮明なサウンドを蘇らせました。楽器の分離の良さ、生々しさもさることながら、驚くべきエネルギーに圧倒されます。これまでリリースした10タイトルは、最新の録音に優るとも劣らぬレンジの広さ、情報量の多さ、歪みの少なさでオーディオ関係者にショックを与えました。
 第3回はクリップス指揮ロンドン交響楽団によるベートーヴェンの交響曲全曲シリーズ。これまで何度も発売され、怪しげな缶入りや100円ショップ商品にまで使用されたものですが、粗悪コピーを重ねたり、再生技術がついていかなかったため真価を発揮できなかったものを、オリジナル35ミリ磁気フィルムから最新マスタリング。SACDとなり驚くべき高音質録音であることが立証されました。それによりクリップスの微妙なニュアンス
まで変わり、これまでの先入観を一新してくれます。
 これらのディスクはライセンスでキングインターナショナルが独占制作・販売しております。輸入盤は存在しませんので、予めご了承下さい。全点日本語解説付。(キングインターナショナル)

正統派中の正統派、クリップスの『運命』

クリップスの『運命』は正統派中の正統派。どこも気をてらわず、極めてまっとうですが、これこそが実は凄いこと。聴き手に何の疑問や違和感も抱かせず、安心して音楽にひたることができます。音質の向上により、細かいニュアンスや音楽の大きさが格段に増しました。

【収録情報】
ベートーヴェン:
● 交響曲第5番ハ短調 op.67『運命』[31:22]
● 『エグモント』序曲Op.84

 ロンドン交響楽団
 ヨーゼフ・クリップス(指揮)

 録音時期:1960年1月
 録音場所:ロンドン、ウォルサムストウ・アセンブリー・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

内容詳細

これまで貧弱な再生音のため“個性に乏しい”と評されることもあったクリップスの演奏が、きわめて鮮明なリマスタリングで蘇った。ゆったりとしたテンポ感で奇をてらわず、雄大なスケールで覇気に富んだ音楽が運ばれ、繊細なニュアンスにも欠けていない。往年の名演が復活。★(友)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ステレオ初期に驚異的な音質を誇ったEVELES...

投稿日:2021/03/08 (月)

ステレオ初期に驚異的な音質を誇ったEVELEST原盤の録音の国内盤SACDリマスター版である。SACD化は成功している。 過去にブリキ缶の安価な全集が出ており、意外と良い演奏であった記憶がある。ちなみに4缶購入した。 本SACD版は 分売7枚になっていて、「運命」に「エグモント序曲」が組み合わされている以外は、カップリング曲がなく、かなり割高感がある。 しかしながら、格調高い演奏で、高音質のウイーンの雰囲気が漂う名演である。過去の大指揮者の巨大な演奏、オリジナル楽器派の録音とも異なる演奏で、所持する価値があると思い、すべて購入してしまいよかったと思っている。

LFA さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
クリップス/ロンドンso.のベートーヴェン...

投稿日:2016/04/23 (土)

クリップス/ロンドンso.のベートーヴェン全集のSACDでの発売は大歓迎である。値段が手頃でないので購入を控えていたが,最近入手。もう少し安価であってほしかったが,購入する価値は十分にある。数々の名盤ひしめくベト5だが,その中にあってクリップスの演奏はあざとい演出を一切排した,曲の原点を示す絶対唯一のものであり,大変ユニークな存在である。巨大なダイナミックによって威圧することがないため凡庸な演奏と受け止める向きもあるだろうが,やや緩やかなインテンポを基調としながらアンサンブルにちりばめられた豊かな抑揚によって,随所に心の琴線に触れる聞き所があり,その意味において彫拓し尽くされた演奏と言うことができよう。この演奏から印象づけられるのは,古典であり,ベートーヴェンであり,「運命」である。その他の余分なものが一切含まれない,きわめてオーソドックスな演奏と言える。とりわけ第1楽章が秀逸で,微動だにしないインテンポの中でじわじわと感興に導く様は,見事である。迫力や緊迫感を期待する人には物足りないだろうが,この曲を古典的名曲として聴くには最適の味わい深い演奏と言えるだろう。MEMORIES盤CDにも全集として同録音があり,かなり良好な音質だったが,このSACDはさらに切れ味が加わり,各楽器の質感にピントがあい,マスの中に埋もれていたニュアンスが次々と明らかになる。まるで演奏会場を目の前にするかのような復刻は大変貴重である。願わくば,全曲を7枚ではなく5枚くらいにして,もう少し購入しやすくしてほしかった。

広島のパヴァンヌ さん | 広島県 | 不明

2
★
★
★
★
★
今回SACDプレヤーを新調し、アキュフェーズ...

投稿日:2015/05/24 (日)

今回SACDプレヤーを新調し、アキュフェーズのプリアンプとバランス接続したこともあり、録音リマスターの素晴らしさが際立った。それによってクリップスの演奏がいかに深みのあるものであるかがよくわかった。終始おちついたテンポで暖かくふくらみのある音楽が続く。55年前のロンドン交響楽団の技量も申し分なく、クリップスの要求するウイーン風スタイルによく応えている。表現が音楽的であるので、自然な高揚感に包まれ、無理なく曲の素晴らしさに没頭できる。クリップスは本当の大指揮者であると思う。彼の価値が分かるまでに何10年もかかったのだなあという実感である。これもすべて35ミリ超ステレオのもつ、ゆとりによって刻み込まれた音響データが、やっとSACDによって日の目を見たということによるものだと思う。とてもうれしいことである。高校時代にカタログを見るだけで手の届かないものであった憧れのエべレス録音のすばらしさに、やっとたどり着けたというよろこびでいっぱいである。文句無しに★5個。

C.G.A さん | 愛知県 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品