CD 輸入盤

交響曲第4番、第5番 フルトヴェングラー&ウィーン・フィル(1952,54)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TKC311
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベートーヴェン:交響曲第4番、第5番(EMIスタジオ録音)
フルトヴェングラー&ウィーン・フィル

(制作者より)
私ども復刻盤愛好家がレコードよりの復刻、いわゆる板起しにこだわってきた理由は、これまでの市販CDの音に満足出来なかったからに他なりません。しかし最近になってCDの音を悪くしている原因が、粗雑なスタンパー製作とプレス時の不純物であることが解明され、決してデジタルがアナログに劣っているわけではないことが判明して来ました。そこで当社は音楽CD製作を専門とし且つ国内最高水準の精度と純度を出すスタンパー製作会社およびプレス工場と提携し、超高音質で話題になったガラスCDに迫る音質のプレスCDの製作に成功いたしました。これにより、我らがフルヴェングラーの録音がかつてない最高音質で甦る道が開かれました。この方法ですと、音源を大変忠実に再現するため、当然マスターの音の良否が問われることになります。幸い、フルトヴェングラーの1952年以降の正規録音は、マスターにおいてすぐれた音質で保存されていることが確認され、この度そのうち何点かコピーIDフリーの状態でマスターコピーの提供をお受けすることができました。文字通り前代未聞の音で巨匠の名演の数々を順次ご提供させていただくことが可能となったわけです。
 まずは54年の『運命』。カップリングの『第4』共々私事で恐縮ですが30数年前初めて聴いた擬似ステレオLPのぼんやりした音から見れば本当に隔世の感がある見事な音で甦りました。この音で聴くとフルトヴェングラーのベートーヴェンには、例えばパーヴォ・ヤルヴィのような現代のスタイルのベートーヴェンを支持される方にも受け入れられるはずの斬新性が先取りされていたことが判明します。
オタケン・レコード 太田憲志

【収録情報】
ベートーヴェン:
・交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』(録音:1954年2月28日、3月1日)
・交響曲第4番変ロ長調 Op.60(録音:1952年12月1〜2日)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 音源:EMIによる商業用正規録音(モノラル)

収録曲   

ベートーヴェン:

  • 01. 交響曲第5番 Op.67『運命』
  • 02. 交響曲第4番 Op.60

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
疑似ステレオかと思うほど奥行きがあり、素...

投稿日:2009/02/16 (月)

疑似ステレオかと思うほど奥行きがあり、素晴らしい音質でそれでいて迫力が失われていない。 VPOとの4番5番ではベストでは?

金さん さん | 長野県長野市 | 不明

1
★
★
★
★
★
フルトヴェングラーの「運命」も何通りかの...

投稿日:2009/01/10 (土)

フルトヴェングラーの「運命」も何通りかの収録がありますが結構VPOとの演奏は少なく彼の死の年1954年演奏のこの盤が代表的であります。演奏は他の多くのBPO版と比して録音年代も新しくスタジオ録音の故か響きの音状態は聴き易く運びもゆったりと堂々としております。やヽ整い過ぎてもおりフルトヴェングラーの思わぬ破綻的な処が聴けないのは寂しい気持もするのは贅沢というもの。因みに1970年代にベームがVPOを振った同曲のタイムと各楽章ほぼ同じのペースと目安すればよいでしょう。フォーマット仕様は別として最高ランクの演奏と思います。

一人のクラシックオールドファン さん | 芦屋 | 不明

0
★
★
★
★
★
はじめてOTAKENレコードの復刻を買いました...

投稿日:2008/06/15 (日)

はじめてOTAKENレコードの復刻を買いました。演奏も録音もすばらしく、特に4番は見事です。個人的にはヴィーン・フィルのもったり感とレッグ/EMIのどぎつい音はフルトヴェングラーには合わず、なぜ音の良くなった時期にこのレーベル、このオケなのか…と思っていましたが、その固定観念がかなり解消されました。響きが広がっていく空間の空気まで感じられ、しみじみと感動できました。安っぽい帯とコピーには再考をお願いしたいですが、見事な復刻には最大限の敬意を表します。

Theta さん | シドニー | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品