CD 輸入盤

交響曲全集 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ウィーン・フィル、バイロイト祝祭管弦楽団、ストックホルム・フィル(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029597509
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


フルトヴェングラー/ベートーヴェン:交響曲全集(2010年リマスター)

2010年にEMIミュージック・ジャパンのSACDシリーズのために制作された96Hz/24Bitデジタル・リマスター音源を使用。
 このリマスターはアビー・ロード・スタジオの技術者がおこない、基本的なポリシーとして、不要なクリック・ノイズは除去しながらも、楽音と録音会場全体の音響をできるかぎり忠実に再現するべく取り組むことを掲げて作業が進められています。
 また、演奏芸術の再現という観点から、素材が残されている音源に関しては、楽章間の音響も収録、音楽的な繋がりがより自然に聞き取れるようにしてあります。
 さらに、オリジナルソース探索の過程で、『ベートーヴェン7番』の未使用アナログ・テープが発見され、60年の経年にも関わらず良好な状態が保たれた驚きの音質を楽しむことができるのも朗報となっています。(HMV)


【収録情報】

Disc1
● ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調作品21
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 1952年11月、ウィーン、ムジークフェラインザール(モノラル/セッション)

● ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調作品55『英雄』
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 1952年11月、ウィーン、ムジークフェラインザール(モノラル/セッション)

Disc2
● ベートーヴェン:交響曲第2番ニ長調作品36
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 1948年10月、ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホール(モノラル/ライヴ)

● ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調作品60
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 1952年12月、ウィーン、ムジークフェラインザール(モノラル/セッション)

Disc3
● ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67『運命』
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 1954年3月、ウィーン、ムジークフェラインザール(モノラル/セッション)

● ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 1950年1月、ウィーン、ムジークフェラインザール(モノラル/セッション)

Disc4
● ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調作品68『田園』
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 1952年11月、ウィーン、ムジークフェラインザール(モノラル/セッション)

● ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調作品93
 ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団
 1948年11月、ストックホルム、コンサートホール(モノラル/ライヴ)

Disc5
● ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125『合唱付き』
 エリーザベト・シュヴァルツコップ
 エリーザベト・ヘンゲン
 ハンス・ホップ
 オットー・エーデルマン
 バイロイト祝祭合唱団
 ヴィルヘルム・ピッツ(合唱指揮)
 バイロイト祝祭管弦楽団
 1951年7月、バイロイト祝祭劇場(モノラル/ライヴ)

 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
フルトヴェングラー には、 出来ればウィ...

投稿日:2018/04/03 (火)

フルトヴェングラー には、 出来ればウィーンフィルでスタジオ録音の全集を作って欲しかった。 最晩年のスタジオ録音なので、ウィーンフィルの音は良い。 ライブ録音の音はイマイチ。

よしお さん | 東京都 | 不明

8
★
★
★
★
☆
EMI、Reference、5枚組全集、Art盤(旧)...

投稿日:2018/03/07 (水)

EMI、Reference、5枚組全集、Art盤(旧)と、Warnerの新リマスター盤(新)を聴き比べてみました。新では、音質が滑らかで緻密になり、ステレオ録音かと思うほど綺麗な音になっています。特にセッション録音盤で新リマスターの変化がよく分かります。2番、8番については、多少変わったという程度で、元々が酷くプアーな音なので期待するほどではありません。ただ、リマスターで音が良くなったとは言っても、3番などは旧の方が、豪放さ、厚み、迫力などがあり、英雄交響曲を聴くにはむしろ旧の方の音に惹かれます。これは、9番にも言えるようです。新を購入後、旧は売却予定でしたが、今のところ、まだ残しておくつもりです。 音の良し悪しとは…、最新デジタル技術とか周波数特性などの部分もありますが、最終的には自分のオーディオ装置を通して、如何に良く、如何に自分好みの音に聴こえるかでしょう。新リマスターを音質向上と言っても構いませんが、それは従来のものとは音質が変化することであり、リマスターが良いかどうかは人夫々に違うものと思います。

yama/fan さん | 神奈川県 | 不明

16
★
★
★
★
★
フルトヴェングラーを知るにとても良いもの...

投稿日:2017/10/29 (日)

フルトヴェングラーを知るにとても良いものだと思います。憚ることなく自分を表出していて、現代では得がたい、いや批判必至な演奏です。トスカニーニ、メンゲルベルク、ワルター、クレンペラー・・・みな個性豊かな良き時代だったといえるでしょう。

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品