CD 輸入盤

交響曲全集 レナード・バーンスタイン&ウィーン・フィル(5CD+ブルーレイ・オーディオ)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4837393
組み枚数
:
5
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


24-bitリマスターで蘇る伝説的名盤CD+BDAセット
キャップBOX仕様で非限定盤として再登場


指揮者にして作曲家、不世出の音楽家レナード・バーンスタインの生誕100周年記念年にリリースされたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とのベートーヴェンの交響曲全曲集リマスターCD+BDAセットが形を変えて再登場。
 192kHz/24-bitでリマスターされたCD5枚組のセットに、全曲を1枚に収めたブルーレイ・オーディオ(192kHz/24-bit、5.0サラウンド・サウンド)をセット。コレクター・エディションと同様のキャップBOXに入って、お手頃価格に生まれ変わりました。
 解説書にはジェド・ディストラーによるバーンスタインとベートーヴェンについてのエッセー(英語、ドイツ語)付き。(輸入元情報)

【収録情報】
【CD】
Disc1

ベートーヴェン:
● 交響曲第1番ハ長調 Op.21
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

Disc2
● 交響曲第2番ニ長調 Op.36
● 交響曲第4番変ロ長調 Op.60

Disc3
● 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
● 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』

Disc4
● 交響曲第7番イ長調 Op.92
● 交響曲第8番ヘ長調 Op.93

Disc5
● 交響曲第9番ニ短調Op.125『合唱』

【Blu-ray Audio】
ベートーヴェン:
● 交響曲第1番ハ長調 Op.21
● 交響曲第2番ニ長調 Op.36
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』
● 交響曲第4番変ロ長調 Op.60
● 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
● 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』
● 交響曲第7番イ長調 Op.92
● 交響曲第8番ヘ長調 Op.93
● 交響曲第9番ニ短調Op.125『合唱』

 ギネス・ジョーンズ(ソプラノ)
 ハンナ・シュヴァルツ(アルト)
 ルネ・コロ(テノール)
 クルト・モル(バス)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ノルベルト・バラッチュ(合唱指揮)

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 レナード・バーンスタイン(指揮)

 録音時期:1978年11月(第1番、第4番、第6番、第7番、第8番)、1978年2月(第3番、第2番)、1977年9月(第5番)、1979年9月(第9番)
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール(第1-8番) 国立歌劇場(第9番)
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
迫力を求めるものではありませんが、しなや...

投稿日:2018/02/25 (日)

迫力を求めるものではありませんが、しなやかさのすばらしい演奏です。ウィーンフィルの音色も大変よいです。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
★
★
驚異的な音質改善です。正直、予想を遥かに...

投稿日:2017/11/24 (金)

驚異的な音質改善です。正直、予想を遥かに上回り、数年前に全交響曲すべてそろえたシングルレイヤーSACDよりもいい。かれこれ40年近く経つオリジナルLP時代。30年くらいになる初期CDからずっと気になっていた「音場の狭さ」が一気に解決しました。その点が特に気に入らなかった9番がかなり広大なパースペクティヴを得て、生まれ変わったようです。バーンスタイン先生の創る気宇壮大な音楽に釣り合わない窮屈な感じの音。わかります?この思い。その他、3番・5番などもムジーク・フェラインの空気まで伝えます。従来のデッドな音はいったい何だったのでしょう?ブルーレイがハイレゾは2.0ですが通常再生でも5.0なので音場が広くなったと感じるのかなと思い、CDの方と比較しましたがこっちも音の傾向は同じで、従来のデッドで窮屈な音場とは一線を画しております。 音の悪さでは定評のあるDGのバーンスタイン先生のマーラーもこの調子でリマスタリング、ブルーレイ化していただけませんでしょうかね!下手なSACD化よりも。

John Cleese さん | 静岡県 | 不明

8
★
★
★
★
★
最新24bit/192kHzリマスタリングによる名全...

投稿日:2017/11/21 (火)

最新24bit/192kHzリマスタリングによる名全集の復活。実に30年ぶりの買い替えです。ときどき裏の伴奏音型をふっと浮かび上がらせるバーンスタインの癖が、私にはとても自然に聴こえました。ハイレゾの音がいいのは当然として、好感のもてるリマスタリングです。 「音楽があなたの人生の重荷を振り払い、あなたが他の人たちと幸せを分かち合う助けとなるように。」 このベートーヴェンの言葉を最もよく具現しているのがこのバーンスタインの全集であると私は信じています。ベートーヴェンの音楽を聴くための全集は他にも数多くあります。しかし、ベートーヴェンの音楽を聴く目的を考えたとき、最後に残るのは発売以来40年を経過したこの全集なのです。 なお、リマスタリングを担当したPolyhymnia社のエンジニアが、今回のリマスタリングを解説する動画がYouTubeのDGのチャンネルにアップされています。日本語字幕はないですが、作業に使用した機器やソフトウェアを見ることができます。ご参考まで。

楽山子 さん | 北海道 | 不明

9

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品