ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲全集 ラトル指揮ウィーン・フィル(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5574452
組み枚数
:
5
レーベル
:
Emi
フォーマット
:
CD

商品説明

ラトル / ベートーヴェン:交響曲全集(5CD)

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 
サイモン・ラトル(指揮) 

2002年4月29日から5月17日にかけて、ウィーンのムジークフェラインザールでおこなわれた連続演奏会のデジタル・ライヴ収録で、『運命』は、先にブラームスのヴァイオリン協奏曲とのカップリングで発売され話題を呼んだ2000年11月のライヴ盤とは別録音です。

 新ベーレンライター版の楽譜を使用するのみならず、もはやシュプレッヒコールとしか言いようのないコーラスの扱いで物議をかもした第9番を筆頭に従来にない様々なアイデアが盛り込まれ、啓発と示唆に富んだ瞬間を次々と用意するあたりはさすが。この斬新なアプローチを充分に咀嚼してみせた名門ウィーン・フィルの広大な表現能力にも改めて脱帽するほかありません。

 既存の解釈をなぞるだけの演奏を「怠惰」と語り、自らの演奏が巻き起こす論争に「わが意を得たり」とほくそえむという才人と、世界屈指の伝統を誇る名門オケによるこの全集、今後のベートーヴェン演奏のあり方を考えるうえでまず避けて通ることのできない、さまざまな問題提起をはらんだ魅力的な一組といえるでしょう。

CD-1
交響曲第1番ハ長調作品21
第1楽章 08:37 第2楽章 07:07 第3楽章 04:04 第4楽章 05:36

交響曲第3番変ホ長調作品55『英雄』
第1楽章 16:21 第2楽章 15:14 第3楽章 06:02 第4楽章 12:07

CD-2
交響曲第2番ニ長調作品36
第1楽章 12:03 第2楽章 10:20 第3楽章 03:31 第4楽章 06:08

交響曲第5番ハ短調作品67『運命』
第1楽章 07:24 第2楽章 09:07 第3楽章 04:47 第4楽章 10:38

CD-3
交響曲第4番変ロ長調作品60
第1楽章 11:47 第2楽章 09:53 第3楽章 05:28 第4楽章 06:37

交響曲第6番ヘ長調作品68『田園』
第1楽章 12:36 第2楽章 12:20 第3楽章 05:24 第4楽章 04:00 第5楽章 10:20

CD-4
交響曲第7番イ長調作品92
第1楽章 14:09 第2楽章 08:25 第3楽章 08:28 第4楽章 08:50

交響曲第8番ヘ長調作品93
第1楽章 09:29 第2楽章 03:59 第3楽章 04:46 第4楽章 07:41

CD-5
交響曲第9番ニ短調作品125『合唱』
第1楽章 16:55 第2楽章 11:59 第3楽章 17:03 第4楽章 23:58

バーバラ・ボニー(S)
ビルギット・レンメルト(A)
カート・ストレイト(T)
トーマス・ハンプソン(Br)
バーミンガム市交響楽団合唱団

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 
サイモン・ラトル(指揮)

録音:2002年4月29日-5月17日 ウィーン、ムジークフェラインザール

豪華収納ボックス
92ページ豪華ブックレット

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
26
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
★
★
ラトルの実演を聞いたことのある友人は、彼...

投稿日:2021/03/19 (金)

ラトルの実演を聞いたことのある友人は、彼がみんなで音楽を創っていこうとする謙虚な姿勢に感銘を受けたという。その姿勢は、このCDにも表れているように思われる。大げさなリアクションはなく、音楽が自然に流れているかのような心地よい夢見がちなメロディーライン。この演奏には、ラトルの不思議な魅力が満ち溢れている。

ジョージFNAQ さん | 京都府 | 不明

1
★
★
★
★
★
良くも悪くも色々な演奏スタイルを織り交ぜ...

投稿日:2021/03/07 (日)

良くも悪くも色々な演奏スタイルを織り交ぜた全集を完成させたことに敬意を表する。個人的には9番のスタイルで全曲やって欲しかったが。でも全集がこの価格です。素晴らしいです。 ベルリンフィルとの全集は聴いていないがウィーン盤とは異なるスタイルで演ったのだろうか。

浜っ子 さん | 愛媛県 | 不明

1
★
★
★
★
★
何故か毀誉褒貶の激しい録音であるけれど、...

投稿日:2021/02/27 (土)

何故か毀誉褒貶の激しい録音であるけれど、まず、ベルリン時代のラトルでありながら、ウィーン・フィルとの録音、というのが味噌。どちらかと言えばウィーン・フィルの音、というのが先に立つように思う。一方で、ベルリンを御すようなやり方で同じようなやりたいことが出来るわけではないウィーン、でもある。(いうことを聞かないというのではない)そういう意味では「ラトルじゃない」という話なのかも知れないが、ここはむしろそのミスマッチを聞く、という趣向と考えるのが良いのでは。そういう意味での面白さを聞くところではないかと。

Verdi さん | 神奈川県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品