CD 輸入盤

交響曲全集 ライスキ&ポーランド室内フィル(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TACET974
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ベートーヴェン:交響曲全集(5CD)
ライスキ&ポーランド室内フィル


ポーランドのソポト(SOPOT)を本拠地として活躍するポーランド室内フィルは、1948年生まれのライスキによって1982年に創設されました。当初20人の程の弦楽合奏団として活動を開始しましたが、現在楽団員は50人を超え、国内外のフェスティバルでの演奏やCDの発売を通してその存在を知らしめています。
 疾走する楽曲の躍動感、力強さと、うねるように歌うメロディー・ライン、弾けるような金管群、炸裂する打楽器。ライスキ&ポーランド室内フィルの魅力が詰まった全集です。音質の良さで知られるTACETレーベルによってライスキの意図するベートーヴェン像が細部にわたって、はっきりと聴き取れます。
 既にSACDで発売されている交響曲第1〜8番によって、演奏の素晴らしさはご理解頂けているかと存じますが、今回の全集をもって、改めて多くの方々に知って頂きたく、ご案内申し上げる次第です。
 24ミリ厚のプラステック・ケースに5枚のCDを納めています。
 尚、交響曲第9番のSACDは来年の発売と成ります。(arbre)

【収録情報】
Disc1
ベートーヴェン:
● 交響曲第1番ハ長調 op.21
● 交響曲第2番ニ長調 op.36

 録音時期:2006年

Disc2
● 交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』
● 交響曲第4番変ロ長調 op.60

 録音時期:2009年

Disc3
● 交響曲第5番ハ短調 op.67『運命』
● 交響曲第6番ヘ長調 op.68『田園』

 録音時期:2007年

Disc4
● 交響曲第7番イ長調 op.92
● 交響曲第8番ヘ長調 op.93

 録音時期:2005年

Disc5
● 交響曲第9番ニ短調 op.125『合唱』

 録音時期:2015年(初発売音源)

 イ・ボミ(ソプラノ)
 アグニエツカ・レーリス(アルト)
 クリスティアン・アダム(テノール)
 タレク・ナズミ(バス)
 ポーランド室内合唱団
 スコラ・カントルム・ジェダネンシス
 ヤン・ウカシェフスキ(合唱指揮)

 ポーランド室内フィルハーモニー管弦楽団
 ヴォイチェフ・ライスキ(指揮)

 録音方式:ステレオ(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Symphony No. 1 in C Major Op. 21 Adagio Molto - Allegro Con Brio
  • 02. Andante Cantabile Molto E Vivace
  • 03. Menuetto. Allegro Molto E Vivace
  • 04. Finale. Adagio ? Allegro Molto E Vivace
  • 05. Symphony No 2 in D Major: Adagio ? Allegro Con Brio
  • 06. Larghetto
  • 07. Scherzo. Allegro
  • 08. Allegro Molto

ディスク   2

  • 01. Symphony No 3 in Eb Major - Allegro Con Brio
  • 02. Marcia Funebre. Adagio Assai
  • 03. Scherzo. Allegro Vivace
  • 04. Finale. Allegro Molto ? Poco Andante ? Presto
  • 05. Symphony No 4 in BB Major - Adagio ? Allegro Vivace
  • 06. Adagio
  • 07. Allegro Molto E Vivace ? Un Poco Meno Allegro
  • 08. Allegro Ma Non Troppo

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
どうしても「5番&6番」が手に入らず鬱々と...

投稿日:2015/11/27 (金)

どうしても「5番&6番」が手に入らず鬱々とした年月を重ねていた これを除く1〜8番を愛聴してきた 6年ぶりに「9番」を加え全集が完成した 心躍らせて発売を待った 今日手に入れ早速聴いた まさに歓びの歌が全身を駆け抜けた 作曲者の記したスコアに恣意を挟む演奏を好まない者に至福の時が訪れた 「9番」は音を織りなすあらゆる糸の来し方と行き方が見通せる 織り成された響きの絢は軽やかな鼓動を打ち悠久の昊に息づく わたしに語りかけてくる音楽は千変の思いを受け止めてまた歌い返す 尽きることのない対話を繰り返した先をわたしは生きる 「5番」は想像通り引き締まったフォームを躍動させるも歌に満ちいてた 「6番」は想像を覆し劇性や描写性を排し舞踏の精髄へ至っていた ライスキ&PCPのベートーヴェンは音楽礼賛であり祈りである この美しさの前で人は何を見何を聴くのだろか 見えたもの聴こえたものを語り合いたいものだ 音楽の友は真の友である 衷心より推薦する またTACET社にはSACDあるいはBlu-ray Audioの製作を希望する 

風信子 さん | 茨城県 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト