ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲全集 マーク&パトヴァ・ヴェネト管

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
473702
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

ベートーヴェン:交響曲全集

マーク&パトヴァ・ヴェネト管

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
CD棚を整理していたら奥から出てきてしまい...

投稿日:2012/10/12 (金)

CD棚を整理していたら奥から出てきてしまい、何年か振りに全曲を通して聴いてみました。そして同じ時期に聴いたシャイーやティーレマンとは格が違うと思い投稿します。オケはベートーヴェン演奏の実績においてVPO、ゲヴァントハウスとは較べるべくもなく、また“巨匠・ベテラン”だからといって堂々かつ悠然としてもおらず、むしろ現代風に淡々・さらっとした表現で、一部の人にしか注目されてはいなかった全集だったでしょうか。しかし味わいは極めて深く、つべこべと余計なことを考えることもなく素直に聴き入ってしまいます。「上質」という言葉がよく似合う演奏・録音です。

エステ荘の噴水 さん | 岩手県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
非常に的確でコンパクトで完成度の高い演奏...

投稿日:2012/05/28 (月)

非常に的確でコンパクトで完成度の高い演奏。木管や金管のマイルドさは素晴らしい。その中で、「田園」は特に秀逸な演奏であろう。ただ、ベートーヴェンはやはり厳しさというか、時には力強さのような男性的な部分はどうしても求めてしまう。いい演奏なのは認めるが、何か物足りない演奏と感じざるを得ない。

hijidon さん | 宮城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
隠れ名盤の典型と言っていいベートーヴェン...

投稿日:2011/07/10 (日)

隠れ名盤の典型と言っていいベートーヴェン交響曲全集だと思います。 非常に穏やかで透明感のある演奏が披露されていて、 すべてがきらきらと光を放って輝いているようです。 それでいて迫力が失われているか、というとそんなことはありません。 英雄や第九などのような特に男性的な印象を受ける楽曲の完成度の方が高いように思ったのも事実です。 ですから、退屈とか緩慢ということはまるでありません。 ただ、その迫力というのは、厳しさを感じさせるものではありません。 迫力はあってもどこか優しいのです。あたたかいのです。 それは第九を聴けば特に顕著だと思います。 まず注目されることのない全集ですが、 ベートーヴェンの全集を聴く上では外すことは出来ないと思います。

なにわん さん | 大阪府 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品