CD 輸入盤

交響曲全集 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(1966年東京ステレオ・ライヴ)(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC2176
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


カラヤン&ベルリン・フィル1966年来日公演
ものすごい気力と充実感。
カラヤン入魂のベートーヴェン交響曲連続コンサート


カラヤンとベルリン・フィルは1966年4月12日から16日にわたりベートーヴェンの交響曲の全曲コンサートを行いました。毎日のプログラミングはカラヤン自身が熟考し、最大の効果があがるように工夫されています。また最初に『コリオラン』、最後の第9の前に『レオノーレ第3番』という序曲を配し、すべてがメインの第9へ向かうように設計されています。これについては連日会場で聴き詳しくレポートし、カラヤンの意図を分析した柴田南雄氏渾身の名解説をブックレットに全文掲載しているのも無上の価値ありと申せましょう。
 序曲『コリオラン』以外は初出。カラヤンとベルリン・フィルのベートーヴェン交響曲全集といえば、1961〜2年、1975〜77年、1982〜84年録音のDG盤が有名ですが、まだ若さあふれる1966年のステレオ・ライヴが加わったことはまさに奇跡でファン狂喜。この来日公演は「ベートーヴェンの全交響曲を連日演奏する」というカラヤンのからの条件付で実現したと言われ、それほど彼がベートーヴェンにこだわったことが伝わってきます。当時、この一連の公演のチケットは高額ながら入手困難で、徹夜で求めるファンが社会現象としてニュースになりました。それほどまでに日本のクラシック・ファンを夢中にさせた日本クラシック音楽史に残る重要な記録、ぜひお楽しみください。(販売元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:交響曲全曲連続演奏会


Disc1
● 序曲『コリオラン』 Op.62
● 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』
● 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』

Disc2
● 交響曲第4番変ロ長調 Op.60
● 交響曲第7番イ長調 Op.92

Disc3
● 交響曲第1番ハ長調 Op.21
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

Disc4
● 交響曲第2番ニ長調 Op.36
● 交響曲第8番ヘ長調 Op.93
● レオノーレ序曲第3番 Op.72b

Disc5
● 交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

【交響曲第9番のソリスト、コーラス】
 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
 長野羊奈子(メゾ・ソプラノ)
 ヨーン・ファン・ケステレン(テノール)
 マルッティ・タルヴェラ(バス)
 東京放送合唱団
 東京混声合唱団
 二期会合唱団
 日本合唱協会
 藤原歌劇団合唱部
 外山雄三(合唱指揮)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1966年4月12日(Disc1)、13日(Disc2)、14日(Disc3)、15日(Disc4)、16日(Disc5)
 録音場所:東京文化会館
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

 国内プレス
 日本語帯・解説付

【NHKレジェンド・シリーズ 5】
NHKが収録した超大物来日演奏会ライヴ第5弾は、カラヤンとベルリン・フィル2回目1966年の来日公演が日の目を見ます。戦後21年、東京オリンピックの2年後ですが、日本のクラシック音楽ファンの間で大騒ぎとなり、高額なチケットを求める徹夜の長蛇の列がニュースとなりました。かくも当時の日本人を夢中にさせた幻の公演を初めてCD化。第1回発売は5夜連続で行なわれたベートーヴェンの交響曲全集、話題を集めたブルックナーの交響曲第8番、東京のみならず大阪でも話題となったフェスティバルホールのライヴ3点の登場となります。ご期待ください。
 古い音源を使用しているため、テープ劣化によるお聴き苦しい点もございます。予めご了承下さい。(販売元情報)

内容詳細

カラヤン指揮、ベルリン・フィルによる、ベートーヴェンの交響曲全曲、レオノーレ序曲第3番を収録。1966年に来日した際に、5日間にわたり開催された演奏会の様子をライヴ録音。王道のオーケストラ作品を堪能できる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 序曲「コリオラン」Op.62 (ベートーヴェン交響曲全曲連続演奏会 第1夜1966年4月12日東京文化会館)
  • 02. 交響曲第6番ヘ長調Op.68「田園」 (ベートーヴェン交響曲全曲連続演奏会 第1夜1966年4月12日東京文化会館)
  • 03. 交響曲第5番ハ短調Op.67「運命」 (ベートーヴェン交響曲全曲連続演奏会 第1夜1966年4月12日東京文化会館)

ディスク   2

  • 01. 交響曲第4番変ロ長調Op.60 (ベートーヴェン交響曲全曲連続演奏会 第2夜1966年4月13日東京文化会館)
  • 02. 交響曲第7番イ長調Op.92 (ベートーヴェン交響曲全曲連続演奏会 第2夜1966年4月13日東京文化会館)

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
記念碑的発売に異論はありません。 1966年...

投稿日:2019/07/23 (火)

記念碑的発売に異論はありません。 1966年の解説が再掲されていますが、随分おかしな事が書かれています。 BPOが1957年より1966年の方がピッチが高いんだそうです。 イタリアはスカラ座を筆頭に明るめの音色で445hz、 あのイタリアオペラの輝かしい音色は音程の高さもあるようです。 WPOは更に高い艶やかな響きで446hzなんです。 成程、あの艶やかな音色です。 アメリカを始めとする本来の音は440hzです。NYPなどは確かにやや低く聞こえた気がします。が、絶対音感のない大半の大人はまず分かりません。 で、この1966年来日時はは444hzにBPOは音程を上げて、WPOに近い音色になったので、明るく輝かしい音色だと柴田南雄氏は1966年の批評で書いてます。大変な誤解です。 フルヴェン時代のBPOの音程は、当時のライブは不安定です。 BPOとのイエスキリスト教会でのグレートを鑑定してもらったところ、 WPOを上回る447hzでした。 昔誰だったか、フルヴェンは435hzだと堂々と音楽雑誌に書いてありました。 そのくらい昔の評論はいい加減だったというか、誰も分からいのでおおらかで 間違いも誰も指摘できずに、そのまま通ってしまったんだと思います。 1959年のDGの英雄の生涯も447です。変わってません。 こうした誤解(カラヤンがフルヴェン時代の低い音程を上げて、輝かしい音色に変えたとの誤解)が当時は蔓延していたようです。 ちなみに日本は442hzです。お疑いなら芸大の知り合いがいる方は聞いて下さい。トスカニーニのNBCも442です。 さて、初日の田園、運命は19cm2トラを所持します。日独国家から収録されています。日本国歌が凄い名演です。 何故この音源を採用できなかったか残念です。別世界の高音質です。 このCDは全体に音程はやや不安定です。 鑑定してもらったところ、450hz内外で曲が始まって収録されている曲が数曲あります。 つまりは実際の演奏より演奏時間が短い可能性があります。 まだまだ色々発見はありそうですが、今日はこの辺で。 PS)書き込みは訂正できないので、ブル8に一言。 ブル8の終楽章は今回の市販CDでは25分10秒程度ですが、 実際は後半ピッチが上がっており、 正確にピッチを調整すると25分24秒という結果になりました。 本当にライブ録音の評価は難しいです。

karayanus さん | UNITED KINGDOM | 不明

3
★
★
★
☆
☆
カラヤンファンなので、彼のベートーヴェン...

投稿日:2019/07/13 (土)

カラヤンファンなので、彼のベートーヴェンはほしかった。彼の指揮するベートーヴェンの交響教全集は全て持っているが、音質的にはフィルハーモニア管弦楽団よりも下回ると思う。ステレオ録音らしいがモノーラルのようにしか聞こえない。62年の全集並みの音質ならまだ許せるのだがそれには遠く及ばない。CDジャケットにもその旨お断りはされている物の、66年の録音と考えると貧弱としか思えない。演奏自体はとてもすばらしいので、カラヤンファンなら持っても良いかもしれないが、それ以外の人は?

らびっと さん | 福島県 | 不明

2
★
★
★
★
★
このベ−ト−ヴェンチクルス、幸いにも2夜...

投稿日:2019/05/25 (土)

このベ−ト−ヴェンチクルス、幸いにも2夜聴くことが出来ました。社会現象にもなったこの演奏会、3月の発売に友達と日比谷公園に徹夜で並び、4番と7番の日と第九の切符を手に入れました。第九はA席で53年前の当時の価格で4500円。今だったら4〜5万でしょう。前から3番目の席で第1楽章の導入部でカラヤンの唸り声が聴こえたのを今でも覚えています。今回思いがけなくCDで当時の演奏を再び聴けて感激しました。70年と79年もカラヤンを聴いていますが、この時のカラヤンが一番良かったと思っています。

まっちゃん さん | 千葉県 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品