ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲全集 トスカニーニ&NBC交響楽団(1939年)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
M&ACD1203
組み枚数
:
5
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

トスカニーニ/ベートーヴェン:交響曲全集(1939年)

NBC交響楽団とも充分にこなれてきた上に、トスカニーニ自身もその芸術性のピークを迎えた当時、1939年のベートーヴェン・ツィクルスが、ついにM&Aよりセット化。この年の6月にはロンドンに赴き、BBC響ともベートーヴェン・ツィクルスを開催しており、正にベートーヴェンに命を掛けた年であったのでしょう。
 当全集では、気迫が凄まじい故に、『運命』や第7番という盛り上がる曲についつい目が行き勝ちですが、第1番、第2番、第8番という小ぶりな曲についてもセンス抜群でスタイリッシュな美演が聴けるのが嬉しいところです。

ベートーヴェン:交響曲全集
・交響曲第1番
・交響曲第3番『英雄』
 録音時期:1939年10月28日

・交響曲第2番
・交響曲第4番
・レオノーレ序曲第3番
 録音時期:1939年11月4日

・交響曲第6番『田園』
・交響曲第5番『運命』
 録音時期:1939年11月11日

・エグモント序曲
・交響曲第7番
 録音時期:1939年11月18日

・レオノーレ序曲第1番
・交響曲第8番
・レオノーレ序曲第2番
 録音時期:1939年11月25日

・交響曲第9番『合唱』
 録音時期:1939年12月2日

 ジャルミナ・ノヴォトナ(S)
 ケルステン・トルボルイ(A)
 ジャン・ピアース(T)
 ニコラ・モスコーナ(Bs)
 ウェストミンスター合唱団
 NBC交響楽団
 アルトゥーロ・トスカニーニ(指揮)
 録音場所:第9番のみカーネギー・ホール、他は全てNBC8Hスタジオに於けるライヴ

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Ludwig van Beethoven (1770 - 1827)
    Symphony no 1 in C major, Op. 21
    演奏者 :

    指揮者 :
    Toscanini, Arturo
    楽団  :
    NBC Symphony Orchestra
    • 時代 : Classical
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1800, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : 10/28/1939, NBC Studio 8-H, New York City [Studio]
  • Ludwig van Beethoven (1770 - 1827)
    Symphony no 3 in E flat major, Op. 55 "Eroica"
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Classical
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1803, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : 10/28/1939, NBC Studio 8-H, New York City [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
最初に断っておくと、この全集高いです。 ...

投稿日:2011/04/09 (土)

最初に断っておくと、この全集高いです。 高いのですが、しかし、その値段に見合っただけの演奏を聴かせてくれるのも事実です。しかも戦前の1939年の録音ながら、今聴いてもそんなに苦にならないレベル、という高音質で。 メジャーなのは戦後に録音された方の全集だと思うのですが、演奏の完成度ではこちらの方が上だと思います。 すべて燃えに燃えており、トスカニーニがどういうベートーヴェンを奏でようとしていたのかが痛いほど伝わってきます。 繰り返しになりますが、値段は高いです。 しかし、それでもベートーヴェンの交響曲が好きな人、もしくは大巨匠時代の指揮者の録音が好きな人、そしてトスカニーニのファンは絶対に外せない全集だと思います。古い録音だから、といって侮ってはいけません。 これはM&Aの残した最高の仕事の一つだと思います。絶対買いですよ。

なにわん さん | 大阪府 | 不明

4
★
★
★
★
★
初めてトスカニーニを聴きました。激しく完...

投稿日:2009/10/17 (土)

初めてトスカニーニを聴きました。激しく完璧な演奏に驚きました。音質も、録音年代を考えると、すばらしいと思います。

Hirohiro さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
私にとって、この時代の録音について認識を...

投稿日:2008/02/03 (日)

私にとって、この時代の録音について認識を改めさせられる名盤となった。Andromeda盤でさえ十分に素晴しいと思ったが、それを越える音質改善である。演奏は、Nuova Era盤でも聞き取れた凄絶なもの。戦後のRCA正規盤も大好きだが、これもまた格別である。真っ直ぐ正攻法、鋼鉄のリズムに休符までも歌わせる美しく豊かなNBC響のサウンド。これぞ正統派 Beethoven というべきか。フルトヴェングラーのBeethovenを崇め続ける愛好家達に、それは「フルヴェン」であって「ベートーヴェン」ではない、と教え諭してくれる演奏。私は彼のも嫌いじゃないですが・・・

Giuseppe di Suliotis さん | 気仙沼 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト