CD 輸入盤

交響曲全集 アンドリス・ネルソンス&ウィーン・フィル(5CD+ブルーレイ・オーディオ)(初回限定盤ハード・ブック仕様)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4837071
組み枚数
:
5
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


ネルソンス&ウィーン・フィル/ベートーヴェン:交響曲全集
ベートーヴェン生誕250年記念。ブルーレイ・オーディオ付き!


2020年のベートーヴェン生誕250年に向けたアニバーサリー企画。ベートーヴェン演奏の歴史と伝統が脈々と受け継がれている世界トップのオーケストラ、ウィーン・フィルによる交響曲全曲録音。ベートーヴェン演奏の最高峰を最高の音質で楽しめるBlu-ray Audio付き。
 ウィーン・フィルを振ったベートーヴェンの交響曲全集は、ドイツ・グラモフォンにはベーム、バーンスタイン、アバドといった巨匠が振った全集がありましたが、記念すべきベートーヴェン生誕250年を記念する今回の指揮者として白羽の矢がたったのは、現在、ボストン交響楽団音楽監督とライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のカペルマイスターを兼任するラトヴィア出身の40歳、アンドリス・ネルソンス。ドイツ・グラモフォンにはボストン交響楽団とのショスタコーヴィチ交響曲全曲録音と、ゲヴァントハウス管弦楽団とのブルックナー交響曲全曲録音が進行中で、現在最も勢いに乗っているトップ指揮者です。伝統の響きの中に若々しくスマートな風を吹き入れた21世紀のベートーヴェン像を打ち立てています。(輸入元情報)


【収録情報】
ベートーヴェン:交響曲全集


Disc1
● 交響曲第1番ハ長調 Op.21
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

Disc2
● 交響曲第2番ニ長調 Op.36
● 交響曲第4番変ロ長調 Op.60

Disc3
● 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
● 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』

Disc4
● 交響曲第7番イ長調 Op.92
● 交響曲第8番ヘ長調 Op.93

Disc5
● 交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

【第9番のソリスト、コーラス】
 カミッラ・ニールンド(ソプラノ)
 ゲルヒルト・ロンベルガー(アルト)
 クラウス・フロリアン・フォークト(テノール)
 ゲオルク・ツェッペンフェルト(バス)
 ウィーン楽友協会合唱団
 ヨハネス・プリンツ(合唱指揮)

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 アンドリス・ネルソンス(指揮)

 録音時期:2017年3月(第6番)、10月(第7番、第8番)、2018年3月(第9番)、2019年3月(第4番、第5番)、4月(第1番〜第3番)
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

【ブルーレイ・オーディオ(BDA)】
● ベートーヴェン:交響曲第1番〜第9番 全曲収録(24bit/96kHz)


総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ウィーンフィルのベートーヴェンならこれが...

投稿日:2021/03/21 (日)

ウィーンフィルのベートーヴェンならこれがおすすめ。 2020年のベートーヴェンイヤーは過ぎてしまったが、初めて全集を買う方も、ベートーヴェン全集なんてもう最近は全然買ってないけど、久々に新しい録音が聴きたいなあという方にもお勧めできる内容。録音もよく演奏もウィーンフィルの名人芸がよく発揮されている。ベートーヴェン演奏には好みの解釈がそれぞれあるが、そう言ったものを抜きにして改めてウィーンフィル の凄まじさを痛感できる内容。 このベートーヴェンに限らず、ネルソンスは確かに彼自身の独特な解釈でもって演奏しているというものではないのですが、解釈者というよりも演奏指揮者として抜群の反応の良さがあり、この全集録音でもウィーンフィルにあくまで彼らの伝統に沿って演奏させておきながら、ちょこちょこと悪戯をするかのように細かく指示を出しているのが良く聴こえる。ウィーンフィル に圧倒されながらも聴いていて非常に音楽的で愉快。YouTubeなどで動画を見るとわかるがネルソンスは演奏会では目を分厚い楽譜から離さずに一つ一つ確かめながら演奏していく指揮者。当然譜面なんて頭に入っているであろう今回のベートーヴェン全集演奏でもそのスタイルは徹底されており、10年周期のウィーンフィルの伝統演奏なんて切り捨てるのは勿体無い、当意即妙、まるでインプロのような常に新鮮なものを取り出そうとするような演奏。それでいて迷走せずにバランスを失わない、ハイレベルな演奏。 現代のベートーヴェン演奏ではやはり古楽団体による、それぞれ個性的な解釈による演奏がやはり聴いて楽しいのだが、今回のネルソンス盤のような素直な解釈と圧倒的技量をもってベートーヴェン像を刷新する試みは称賛されるべきだと思う。つまらない演奏だとは全く思わなかった。 初回限定パッケージのものはディスクの取り出しが面倒な仕様で、傷もつきやすかった。

ぽいぽす さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
外れました 平凡な演奏としか思えないが ...

投稿日:2021/03/07 (日)

外れました 平凡な演奏としか思えないが ウィーン・フィルを振っているのだから そんな平凡ではないのかもしれないが

Schonefeld さん | 奈良県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ベートーベン生誕250周年記念アルバム。 ...

投稿日:2021/02/23 (火)

ベートーベン生誕250周年記念アルバム。 ウィーンフィル久々のベートーベン全集。 いま最も注目を集めるネルソンズ。 ショスタコーヴィッチとブルックナーチクルスでも 話題を欠かさない。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品