CD 輸入盤

交響曲全集 アバド&ベルリン・フィル(2001年ローマ&2000年ベルリン・ライヴ)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4775864
組み枚数
:
5
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

1999年から2000年にかけて集中的にセッション収録され、2000年の秋に発売されたアバド&ベルリン・フィルのベートーヴェン交響曲全集は、20世紀の最後を飾るベートーヴェン全集として世界的に高い評価を獲得しましたが、アバド自身は、第1番から第8番についてはセッション録音だったため、コンサートでの演奏のほうを気に入っていたのだとか。
 DVDではすでに発売済みのこのライヴでの全集チクルスは、旧盤の全集収録完了と同じ2000年5月におこなわれた第9番のコンサートでスタートしましたが、ほどなくアバドが病に倒れたため、一時は完成を不安視さえされるものの、幸いにもアバドが復調、2001年の2月に、他の作品をローマのコンサートで一気にとりあげて無事収録したというものです。
 今回登場するのは、第1番から第8番については、その映像作品用としての演奏をCD化したというもので、ドイツ・グラモフォンが、ベルリン・フィル及びユーロアーツの許諾を得てリリースに漕ぎ着けました。
 CD化にあたっては、ドイツ・グラモフォンの技術によって新たなマスタリングがおこなわれ、DVDの音声トラックを大きく上回る音質を実現しているということです。
 なお、第9番については、アバド自身が旧盤の演奏を気に入っているということで、ここでも同じものが使用されています。旧全集をお持ちの方は第九は重複ということになってしまいますが、これがアバドの考えるベストの全集だということです。

・交響曲第1番ハ長調 op.21
・交響曲第2番ニ長調 op.36
・交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』
・交響曲第4番変ロ長調 op.60
・交響曲第5番ハ短調 op.67『運命』
・交響曲第6番ヘ長調 op.68『田園』
・交響曲第7番イ長調 op.92
・交響曲第8番ヘ長調 op.93
 以上、2001年2月、ローマ、サンタ・チェチーリア音楽院

・交響曲第9番ニ短調 op.125『合唱』
 カリタ・マッティラ(ソプラノ)
 ヴィオレッタ・ウルマーナ(メゾ・ソプラノ)
 トーマス・モーザー(テノール)
 トーマス・クヴァストホフ(バス)
 スウェーデン放送合唱団
 エリク・エリクソン室内合唱団
 2000年5月、ベルリン、フィルハーモニー

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲全集 アバド&ベルリン・フィル(2001年ローマ&2000年ベルリン・ライヴ)

ディスク   2

  • 01. <!-- -->

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
アバドのデビュー盤がウィーンPO.とのベー...

投稿日:2018/08/14 (火)

アバドのデビュー盤がウィーンPO.とのベートーヴェン交響曲第7番(当時DECCA)で若々しいフレッシュな演奏が気に入っていました。このベルリンPO.との演奏は、フレッシュさは当然無くなり、何となく薄い演奏に聞こえてします。 アバドの演奏は、ラヴェル、ロッシーニ、ムソルグスキーなどは大好きなのですが、この全集はもう一つ何かたれないように感じました。アバドは幾つになってもはつらつとした演奏をしていたように誤解していたのかもしれません。最後の録音でメンデルスゾーンは昔と同じ、透明感の優れた良い演奏でしたが。

RN さん | 東京都 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
どうもアバドという指揮者はベートーヴェン...

投稿日:2017/10/11 (水)

どうもアバドという指揮者はベートーヴェンとは合わないのだろうか? ウィーンフィルとの来日ライブでは超名演を残したのに、 ウィーンフィルとの旧盤もこの小編成のベルリンフィルとの録音も 前者は統率力の不足、後者は小編成に酔っている印象を受ける。 ベルリンフィルといえばカラヤンの数々のベートーヴェンがあり 一長一短はあるものの名盤が並んでいる。 アバドファンとして聴いたことが無かったので廉価盤を買ってみたが、 少々がっかりした。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ベートーヴェンの交響曲全集は6つ所有して...

投稿日:2017/03/20 (月)

ベートーヴェンの交響曲全集は6つ所有していますが、このアバドの全集が一番気に入っています。最後に購入したので、一番最初に出会っていれば良かったのにと思っています。すべての演奏と録音が素晴らしいです。シャイーの全集と迷っている方がいらっしゃるのなら、迷わずこのアバドの全集をお薦めします。

磯巾着 さん | 埼玉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト