CD 輸入盤

交響曲全集(リスト編曲) カツァリス(ピアノ)(6CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2564608652
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明


ベートーヴェン:交響曲全集(リスト編曲ピアノ版をもとにしたカツァリス版)
シプリアン・カツァリス(ピアノ)


フランツ・リストが当時のピアノのためにアレンジし、自身の演奏会で繰り返し弾いていたというベートーヴェンの交響曲の編曲を、その後の楽器や書法の進化なども踏まえながら、さらに情報量を増やすべく手を加えたのがここでのカツァリスによるヴァージョンです。
 カツァリスの超絶技巧はここでも冴えわたっており、内声まで効果的に編曲する手の込んだアレンジによって、オーケストラ音楽をピアニスティックに再現する面白さを存分に味わえるものとなっています。(HMV)

【収録情報】
ベートーヴェン:
DISC1:
・交響曲第1番ハ長調op.21
・交響曲第2番ニ長調op.36

DISC2:
・交響曲第3番変ホ長調op.55『英雄』

DISC3:
・交響曲第4番変ロ長調op.60
・交響曲第5番ハ短調op.67

DISC4:
・交響曲第6番ヘ長調op.68『田園』

DISC5:
・交響曲第7番イ長調op.92
・交響曲第8番ヘ長調op.93

DISC6:
・交響曲第9番ニ短調op.125『合唱付き』

 シプリアン・カツァリス(ピアノ)
 録音時期:1981-89年
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Cyprien Katsaris - Symphony No. 1 In C Major, Op.2
  • 02. Cyprien Katsaris - Symphony No. 1 In C Major, Op.2
  • 03. Cyprien Katsaris - Symphony No. 1 In C Major, Op.2
  • 04. Cyprien Katsaris - Symphony No. 1 In C Major, Op.2
  • 05. Cyprien Katsaris - Symphony No. 2 In D Major, Op.3
  • 06. Cyprien Katsaris - Symphony No. 2 In D Major, Op.3
  • 07. Cyprien Katsaris - Symphony No. 2 In D Major, Op.3
  • 08. Cyprien Katsaris - Symphony No. 2 In D Major, Op.3

ディスク   2

  • 01. Cyprien Katsaris - Symphony No. 3 In E Flat Major,
  • 02. Cyprien Katsaris - Symphony No. 3 In E Flat Major,
  • 03. Cyprien Katsaris - Symphony No. 3 In E Flat Major,
  • 04. Cyprien Katsaris - Symphony No. 3 In E Flat Major,

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
録音状態は極めて良い。聞き慣れている交響...

投稿日:2016/06/15 (水)

録音状態は極めて良い。聞き慣れている交響曲が、オケと比べて構造や構成がわかりやすい。

萌 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
カツァリスは自身の高度な演奏技術を駆使し...

投稿日:2012/07/03 (火)

カツァリスは自身の高度な演奏技術を駆使し、オーケストラでの雰囲気を正確に再現している。あたかも自身が指揮者であるが如くにである。グールド版ほどには演奏者の自我を出さない点が好感を持てる。秀点では、第9>

tsubakisara さん | 新潟県 | 不明

3
★
★
★
★
★
聴くなら、まずシチェルバコフから始めたほ...

投稿日:2006/11/08 (水)

聴くなら、まずシチェルバコフから始めたほうが良い。リストの楽譜どおりなのはシチェルのほうだ。こちらでリストの元々の音構造を理解してからのほうが良い。カツァリスは、リストが当時開発されていたピアノ技術では不可能だった音を追加し、楽器の音を補充し、管弦楽と鍵盤楽器の本質を明らかにしてくれる。音楽理論が分かる人なら納得するだろう。せめてクラスターを聴き取れなければ、多すぎる情報は意識の拡散を招くし、聴衆は統御された密度の高い情報の束の、単なる受け取り手に過ぎなくなる。これはコンポーザーの音楽で、特殊なものだ。

リスナー さん | 湯の里 | 不明

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品