CD 輸入盤

交響曲全集 プレトニョフ&ロシア・ナショナル管弦楽団(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4776409
組み枚数
:
5
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベートーヴェン:交響曲全集

今年(2007年)3月に国内リリースされたベートーヴェンのピアノ協奏曲第1、3番を皮切りにスタートしたプレトニョフのベートーヴェン交響曲&協奏曲全曲シリーズ。プレトニョフ自身にとっても、かつてない規模のプロジェクトです。まず最初に出された協奏曲アルバムは、評論家から一般のリスナーまで幅広く注目され、プレトニョフの非凡さ、素晴らしさが改めて認識された1枚でした。このピアノ協奏曲全集は、2006年にボンで開かれたベートーヴェン・フェスティバルで、僅か2日で全5曲が演奏・録音されたものであり、続いて、第2、4番の偶数セットが今秋に、そして第5番が来春のリリースを予定しています。
 その協奏曲リリースを待つ間に、何と交響曲全集が一気にリリースされます。録音は、ボンのフェスティバルの直前にモスクワのスタジオで一気に行われました。日本のプレトニョフ・ファンの多くにとっては、彼のベートーヴェンは交響曲でも既に定評があります。というのも、プレトニョフは毎年のように来日しており、これまでに東京フィルと2005年に第5、7番、2006年12月には第9を共演して、その斬新な解釈で聴衆の耳を奪い続けているためです。2007年10月には第6番も予定されており、この全集との演奏を比べて楽しむことも一興でしょう。  自身がベートーヴェンと同じく、ピアニストで指揮者で作曲家であるプレトニョフは、「ベートーヴェンは私とって、神のようなものだ……彼の作品は指揮をしてもピアノで弾いても、常に深いエモーションを感じさせる」と最大の賛辞と共感を寄せている作曲家である。いやが上にも期待が高まります。(ユニバーサルIMS)

「ベートーヴェンはよく霊廟のように演奏される。たぶん尊敬の念からされていることだと思うが、このようなアプローチの否定的な面は、彼がもう生きている人間ではないようだということである。私にとってベートーヴェンは生きている。なぜなら、彼の音楽は活気ががあり感情にあふれ、共感できるからである。私の目標は、すべてのフレーズ、すべての絶叫、すべての喜びの瞬間が、私たちの命を通して生きることが出来ることだ。」
−ミハイル・プレトニョフ−

Disc-1
・交響曲第1番ハ長調 Op.21
・交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』
Disc-2
・交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
・交響曲第7番イ長調 Op.92
Disc-3
・交響曲第2番ニ長調 Op.36
・交響曲第4番変ロ長調 Op.60
Disc-4
・交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』
・交響曲第8番ヘ長調 Op.93
Disc-5
・交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

 アンゲラ・デノーケ(ソプラノ)
 マリアンナ・タラソワ(メゾ・ソプラノ)
 エンドリク・ヴォトリヒ(テノール)
 マティアス・ゲルネ(バリトン)
 モスクワ国立室内合唱団(合唱指揮:ウラディーミル・ミーニン)
 ロシア・ナショナル管弦楽団
 ミハイル・プレトニョフ(指揮)
 録音:2006年6-7月、モスクワ音楽院大ホール(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲 第1番 ハ長調 作品21 第1楽章: Adagio Molto-allegro Con Brio
  • 02. 交響曲 第1番 ハ長調 作品21 第2楽章: Andante Cantabile Con Moto
  • 03. 交響曲 第1番 ハ長調 作品21 第3楽章: Menuetto.allegro Molto E Vivace-trio
  • 04. 交響曲 第1番 ハ長調 作品21 第4楽章: Finale.adagio-allegro Molto E Vivace
  • 05. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 ≪英雄≫ 第1楽章: Allegro Con Brio
  • 06. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 ≪英雄≫ 第2楽章: Marcia Funebre.adagio Assai
  • 07. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 ≪英雄≫ 第3楽章: Scherzo.allegro Vivace-trio
  • 08. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 ≪英雄≫ 第4楽章: Finale.allegro Molto-poco Andante-presto

ディスク   2

  • 01. 交響曲 第5番 ハ短調 作品67 ≪運命≫ 第1楽章: Allegro Con Brio
  • 02. 交響曲 第5番 ハ短調 作品67 ≪運命≫ 第2楽章: Andante Con Moto
  • 03. 交響曲 第5番 ハ短調 作品67 ≪運命≫ 第3楽章: Allegro
  • 04. 交響曲 第5番 ハ短調 作品67 ≪運命≫ 第4楽章: Allegro-presto
  • 05. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第1楽章: Poco Sostenuto-vivace
  • 06. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第2楽章: Allegretto
  • 07. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第3楽章: Presto
  • 08. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第4楽章: Allegro Con Brio

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
8
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
現代版ゴロヴァーノフ、プロ版宇野功芳とい...

投稿日:2011/11/20 (日)

現代版ゴロヴァーノフ、プロ版宇野功芳といった感じです。ゴロ先生は感興の赴くままに、宇野氏は計算した上でという違い(プレさんはどちらでしょう?)はあるのでしょうが、型破りという点では共通しています。ピアノを弾くように好き放題演奏しているという感じです。新米指揮者にオケがよく付いてきたとおもいますが、彼自身が作ったオケなので、当たり前かな? プレトニョフ自身が「かつての録音は恥ずかしいから、全て回収して処分したい。」とインタビューで言っていたことがわかります。型破りだけれども、共感できないと言うか、のめり込めない演奏です。ゴロ先生も宇野氏も下品な表現だけれど、プレさんの演奏は、全然下品じゃありません。そのせいか、他の2人と比べて、共感できる部分が少ない? 指揮者として慣れてきた今のプレトニョフのBeethovenも聴いてみたいものです。

Human@TheEarth さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
見てみると、意外と評判が良いようだが、こ...

投稿日:2010/09/23 (木)

見てみると、意外と評判が良いようだが、この演奏がこれほど評価が高いのなら、宇野功芳先生のベートーヴェンだって同等に評価されてよいと思う。これまでの演奏と同じでは面白くないから、色々やってみましたというわけで、嵌ってる部分もあるが、とってつけたようにわざとらしいところもある。面白いと言えばそうだが、宇野さんと違って、プレトニョフはプロだからねえ。2番と4番が比較的成功しているように思うけど、6番なんてわけがわからん。

七海耀 さん | 埼玉県 | 不明

4
★
★
★
★
☆
とりわけ4番が名演!!テンポはクライバー...

投稿日:2010/03/16 (火)

とりわけ4番が名演!!テンポはクライバーを彷彿とさせるものがあるが、オケはこちらの方が余裕をもってこなしている。2番 5番 7番も良い。これまでの叙情楽章は見事だけあって9番の3楽章の表現の乏しさは残念。また合唱が臨場感がない。1、2楽章はあっぱれ。「英雄」も情熱的だが、1楽章のテンポ 「田園」の1楽章冒頭4小節 などは悪ふざけ。だけど手放せない不思議さがある。上記の欠点さえなければ私の1番のお気に入りであるスイトナーと双璧の位置? いやベートーヴェンの表裏と考えたらいいのでしょうか。

アッキ さん | 茨城県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド