CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲、他 ヴォルフガング・シュナイダーハン、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ベルリン・フィル(平林直哉復刻)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GS2214
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


シュナイダーハン&フルトヴェングラーの協奏曲ほか地味ながらも充実の一枚!
フルトヴェングラー秘蔵テープ復刻シリーズ


【このCDの復刻者より】
「シュナイダーハンとのベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は2トラック、38センチのオープンリール・テープを使用、かつてないほど瑞々しく明瞭な音質で蘇りました。「エグモント」序曲はLP復刻(GS-2013、2006年)以来、当GSシリーズ2度目の復刻。今回は2トラック、19センチのオープンリール・テープを使用し、より自然な響きを獲得しました。プフィッツナーも同じく2トラック、19センチのテープを使用しましたが、音質の良さは同日のライヴであるブラームスの交響曲第4番ほか(GS-2212)で実証済みです。曲は地味ですが、当時のベルリン・フィルの素晴らしい音色に悩殺されてしまいます。」(平林直哉)

【収録情報】
1. ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61
2. ベートーヴェン:『エグモント』 Op.84〜序曲
3. プフィッツナー:歌劇『パレストリーナ』より3つの前奏曲


 ヴォルフガング・シュナイダーハン(ヴァイオリン:1)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音:
 1:1953年5月18日 ベルリン、ティタニア・パラスト
 2:1947年5月27日 ベルリン放送会館
 3:1949年6月10日 ヴィースバーデン国立劇場
 録音方式:モノラル(放送用ライヴ)

 使用音源:
 1:Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)
 2,3:Private archive(2トラック、19センチ、オープンリール・テープ)

収録曲   

  • 01. ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61 (モノラル)
  • 02. 「エグモント」序曲 Op.84 (モノラル)
  • 03. 歌劇「パレストリーナ」より3つの前奏曲 (モノラル)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
やっぱり、フルトヴェングラーの指揮のベル...

投稿日:2020/04/21 (火)

やっぱり、フルトヴェングラーの指揮のベルリン・フィルでシュナイダーハンのヴァイオリン・ソロのベートーベンのヴァイオリン協奏曲は、最高です。しかし、リマスターの弊害か?情報量の多いのは、いいのだが、音の静かでスローテンポでの見せ場は、素晴らしかった。ところが、盛り上りの音の大きな部分は、音が多すぎてモヤモヤした音に聞こえるのが、玉に瑕です。でも、他の収録曲も素晴らしい音になっております。是非とも、買って聞くべきです。価値ある一枚です。

カニさん さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品