CD 輸入盤

ヴァイオリン・ソナタ全集 江藤俊哉、シドニー・フォスター(1962年東京ライヴ)(3CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC065
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


若き日の巨匠が、幻の名手と連続演奏した情熱、58年を経て鮮やかに蘇る

昭和37年5月に、東京の九段会館ホールで3夜にわたりベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲の連続演奏会が行なわれました。当時35歳の江藤俊哉と45歳のアメリカ人ピアニスト、シドニー・フォスターによる演奏で、日本音楽界にとりベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲が連続で演奏されたのは戦前のゴールドベルク&リリー・クラウス以来二度目の快挙でした。その幻の録音が江藤、フォスター両ご遺族のご厚意により日の目を見ました。
 江藤俊哉は鈴木鎮一、アレクサンドル・モギレフスキーに学んだ後、アメリカのカーティス音楽院でエフレム・ジンバリストに師事。帰国後は演奏活動のかたわら後進の指導にも熱心に取り組み、現在日本のヴァイオリン界で活躍する多くの逸材を育てました。
 教育者としての業績にくらべ録音は決して多いとはいえず、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集もこれまで存在していませんでした。それゆえ最盛期の全集登場は奇跡と申せましょう。江藤俊哉ならではの美しい音色と生気あふれる演奏を満喫できます。
 さらに嬉しいのが、ピアノを幻の名手シドニー・フォスター[1917-1977]が受持っていること。ヨゼフ・ホフマンに見出され、ゴドフスキの娘婿デヴィッド・セパートンに学び、1941年に行なわれた第1回レーヴェントリット国際コンクール優勝という輝かしい経歴を持ちながら、病気のため演奏、録音ともに極めて少ない人です。彼の演奏でベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲が残っていたのもまさに奇跡。19世紀の巨匠たちを彷彿させる生気あふれる演奏に驚かされます。(メーカー資料より)

【収録情報】
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集


Disc1
● ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調 Op.12-1
● ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調 Op.12-2
● ヴァイオリン・ソナタ第3番変ホ長調 Op.12-3
● ヴァイオリン・ソナタ第4番イ短調 Op.23

Disc2
● ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調 Op.24『春』
● ヴァイオリン・ソナタ第6番イ長調 Op.30-1
● ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調 Op.30-2

Disc3
● ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調 Op.30-3
● ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調 Op.47『クロイツェル』
● ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 Op.96

 江藤俊哉(ヴァイオリン)
 シドニー・フォスター(ピアノ)

 録音時期:1962年5月10日(Disc1)、11日(Disc2)、12日(Disc3)
 録音場所:東京、九段会館ホール
 録音方式:モノラル(ライヴ)

 日本語帯・解説付


内容詳細

戦前のゴールドベルク&リリー・クラウス以来、日本で2度目となるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ連続演奏会の模様。当時35歳の江藤俊哉とアメリカ人ピアニストのシドニー・フォスターによる歴史的な演奏家の記録だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調Op.12の1 (MONO)
  • 02. ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調Op.12の2 (MONO)
  • 03. ヴァイオリン・ソナタ第3番変ホ長調Op.12の3 (MONO)
  • 04. ヴァイオリン・ソナタ第4番イ短調Op.23 (MONO)

ディスク   2

  • 01. ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調Op.24「春」 (MONO)
  • 02. ヴァイオリン・ソナタ第6番イ長調Op.30の1 (MONO)
  • 03. ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調Op.30の2 (MONO)

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
まさかこのような録音が残されていようとは...

投稿日:2021/01/14 (木)

まさかこのような録音が残されていようとは!という驚きを持って聴きました。録音状態自体は1962年のライブ収録という割には比較的聴き易く、会場ノイズも少ない目でした。演奏は実演ですので音程の揺れやミスタッチもあります。クロイツェルなどは崩壊寸前でハラハラする部分もあります。逆に言うと、安全運転に走らず攻めた演奏を繰り広げているということなのだと思いました。誰もが納得するような模範的な解釈ですが第7番や第10番の節回しには独特な所もあります。おそらく入手するには最初で最後のリリースではないかと思いますので、この機会にご検討されてはいかがでしょうか。

jin さん | 長野県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品