CD 輸入盤

ヴァイオリン・ソナタ全集 ウート・ウーギ、ラマール・クラウソン(4CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
19075956262
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


イタリア・ヴァイオリン界のレジェンドによる幻のリコルディへの全集、世界初CD化

70歳を超えた2019年現在もイタリアを代表する名ヴァイオリニストとして精力的な活動を続けているウート・ウーギ。彼のベートーヴェンのソナタは、ヴォルフガング・サヴァリッシュのピアノで1982年にRCAに録音された第7、9、10番が有名ですが、今回の全集はそれよりも前にイタリア・リコルディに録音されていた全集で、日本では1978〜80年にかけて日本コロムビアから発売されたことがあるもので、今回が世界初CD化となります。ピアノは、名チェリストのピエール・フルニエの伴奏や、プロ・アルテ・ピアノ四重奏団のピアニストを務めたラマール・クラウソン。若きウーギの深く甘美な音色やニュアンスの豊かさをお聴きいただけます。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
ベートーヴェン:
● ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調 Op.12-1
● ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調 Op.12-2
● ヴァイオリン・ソナタ第3番イ長調 Op.12-3

Disc2
● ヴァイオリン・ソナタ第4番ハ短調 Op.23
● ヴァイオリン・ソナタ第6番イ長調 Op.30-1
● ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調 Op.30-3

Disc3
● ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調 Op.47『クロイツェル』
● ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調 Op.24『春』

Disc4
● ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調 Op.30-2
● ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 Op.96

 ウート・ウーギ(ヴァイオリン)
 ラマール・クラウソン(ピアノ)

 録音時期:1978年
 録音方式:ステレオ(アナログ)


大好評、ソニー・クラシカルによるバジェット・ボックス「MASTERS BOX」。100年以上の歴史を誇るアメリカ発の老舗クラシック・レーベル、SONY CLASSICALとRCA RED SEAL両レーベルの誇る豊富なカタログから、音楽ファンならば誰でも一度は聴いておくべきクラシック音楽の定番名曲を、定評あるアーティストの名演で幅広く取り揃え、お買い得なバジェット・プライスにて続々リリース中の好評シリーズです。
※初回生産限定盤
※白を基調とした目に留まりやすいアートワーク・デザイン。
※このセットにはブックレットは付いておりません。トラック表は、各ディスクの紙ジャケットに記載されています。(輸入元情報)


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品