CD 輸入盤

ミサ・ソレムニス ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル、フリッツ・ヴンダーリヒ、他(+ブルーレイ・オーディオ)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4838221
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


リマスタリングCD + Blu-ray Audio (24bit/192kHz) シリーズ
ベートーヴェン生誕250周年記念!


エミール・ベルリナー・スタジオにて24-bit/192kHzでリマスタリングされたCD+BDAセット。
カラヤンによる伝説的1966年録音のベートーヴェン:荘厳ミサ曲が新規リマスターによるCD+BDAのセットになってカタログに戻ってきました。(輸入元情報)

【収録情報】
● ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス ニ長調 Op.123


 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
 クリスタ・ルートヴィヒ(アルト)
 フリッツ・ヴンダーリヒ(テノール)
 ヴァルター・ベリー(バリトン)
 ウィーン楽友協会合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1966年2月21-28日
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)


収録曲   

  • 01. KYRIE
  • 02. GLORIA
  • 03. CREDO
  • 04. SANCTUS
  • 05. AGNUS DEI

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この録音のLPレコードを購入したのは1969年...

投稿日:2020/07/26 (日)

この録音のLPレコードを購入したのは1969年12月17日で、私が高校生の時だった。その解説で黒田恭一さんは、『エロイカの聴き手がそのままミサ・ソレムニスの聴き手であるとはいえないはずだ。(作品のあり方が違う)ミサ・ソレムニスの聴き手には、その作曲家であるベートーヴェンの内懐深く入りこもうとする積極性が求められる。つまり、一瞥は不可能であると同時に無意味である。』と述べていた。エロイカが大好きな私は戸惑ったが、大変な作品と向かい合っているのだと覚悟し、ただひたすらLPを聴き返すことになった。一瞥は許されないのだ。そして、そのような聴き方が音楽全般に対する私の基本となった。その後、カラヤンの再録音や映像、他の指揮者の演奏も聴き、スコアも眺めて(楽譜を詳細に読む力はないが)、この曲に対する理解と愛情が深まったが、やはり本録音のインパクトは大きい。今回、リマスタリングされたBDオーディオを聴き、その音楽の豊かさと奥行きの深さに驚いた。やはり、クレドでは涙が流れ、胸が熱くなる。高校生の私に、この音でこの録音を聴かせてやりたいと思った。

楽響の時 さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
60年代の録音とは思えあないほどの素晴ら...

投稿日:2020/04/11 (土)

60年代の録音とは思えあないほどの素晴らしい音が聴けます。 緊張感も素晴らしい。やはりカラヤンは、声楽がらみの曲での盛り上げが極めて上手く、聴き手を飽きさせません。 このミサ・ソレムニスとヴェルディ・レクイエムはカラヤン60年代の最高の遺産だと思います。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品