DVD

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番(弦楽合奏版)、ヴェーバー:『オイリアンテ』序曲 バーンスタイン&ウィーン・フィル

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DLVC1220
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
スタンダード

商品説明

バーンスタイン没後20周年記念企画
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番、ヴェーバー:『オイリアンテ』序曲

世界初商品化!

バーンスタインとウィーン・フィルのベートーヴェン弦楽四重奏曲の弦楽合奏版のライヴ収録です。晩年のバーンスタインは終始和やかで、ウィーン・フィルのメンバーとセッションを楽しむように体を揺り動かし、お決まりのポーズで観客を魅了します。
 ヴェーバーの『オイリアンテ』序曲では、同じウィーン・フィルでも、緊張感を保ち、鮮烈でテンポよく、ぐいぐいと引っ張っていく推進力は圧巻です。(ドリームライフ)

【収録情報】
1. ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番ヘ長調 op.135 [35:00]
2. ヴェーバー:『オイリアンテ』序曲 op.81 [11:27]

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 レナード・バーンスタイン(指揮)

 収録時期:1989年(1)、1983年(2)
 収録場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 収録監督:ハンフリー・バートン

カラー/リニアPCMステレオ/4:3/片面1層/約47分

内容詳細

バーンスタイン死の1年前にムジークフェラインザールで収録されたウィーン・フィルとのベートーヴェンでは、終始和やかな表情、動きが印象的だ。一方83年収録のウェーバーは、緊張感が漂っているのが分かる。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品