CD 輸入盤

ベートーヴェン:交響曲第4番、第5番『運命』、第6番『田園』、バリー:ヴィオラ協奏曲、他 トマス・アデス&ブリテン・シンフォニア、ローレンス・パワー、他(2CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SIGCD639
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


トマス・アデスが振るベートーヴェン第2巻!
交響曲集とバリーの『ヴィオラ協奏曲』!


ベンジャミン・ブリテンの再来とも称されるイギリスの人気作曲家、指揮者、ピアニスト、トマス・アデス[1971-]。日本では武満 徹作曲賞2020の審査員にも選ばれ、多くの作品が名だたるアーティストたちによって演奏・録音されるなど、近年は特に作曲家としての活躍が華々しいアデスがブリテン・シンフォニアを振ったベートーヴェンの交響曲集は、アイルランド国立交響楽団のコンポーザー・イン・レジデンスなどを務め、ベートーヴェンから大きな影響を受けたというアイルランドの作曲家、ジェラルド・バリー[1952-]の作品を組み合わせるという、ユニークなベートーヴェン・アニヴァーサリー・アルバムです。
 第2弾は、ベートーヴェンの交響曲第4番〜第6番を軸に、「Hyperion」の数々の録音でも知られる現代最高峰のヴィオリスト、ローレンス・パワーをフィーチャーしたヴィオラ協奏曲(ブリテン・シンフォニアによる委嘱)と、グラミー賞にノミネートしたアデス指揮によるジェラルド・バリーのオペラ『The Importance of Being Earnest』でも共演してきたオーストラリア系アメリカの名バス歌手、ジョシュア・ブルームをフィーチャーした、バスと管弦楽のための作品『アイルランド侵略(The Conquest of Ireland)』が収録されています。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1

1. ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調 Op.60
2. ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
3. バリー:ヴィオラ協奏曲

Disc2
4. ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』
5. バリー:アイルランド侵略

 ローレンス・パワー(ヴィオラ:3)
 ジョシュア・ブルーム(バス:5)
 ブリテン・シンフォニア
 トマス・アデス(指揮)

 録音時期:2018年、2019年
 録音場所:ロンドン、バービカン・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル)


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品