CD 輸入盤

ベートーヴェン:交響曲第3番『英雄』、ショスタコーヴィチ:交響曲第5番『革命』 ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル(ベルゲン・ライヴ1961)(2CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALT315
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


こんな『英雄』聴いたことない!
幻の1961年ベルゲン・ライヴがマスター音源から復刻。
ムラヴィンスキー驚愕の至芸


ムラヴィンスキーとレニングラード・フィルが、1961年5月から6月にかけてノルウェーのベルゲンで行われた音楽祭に出演した際のライヴ録音が日の目を見ました。6月2日のコンサートは、前半がベートーヴェンの『英雄』、後半がショスタコーヴィチの交響曲第5番という豪華すぎるプログラムでしたが、それをすべてCD化、当日の充実感を堪能していただきます。ベートーヴェンの『英雄』は、かつてHuntレーベルからCD発売されたことがありますが、今回は放送局所蔵のマスター音源からの復刻。ショスタコーヴィチの交響曲第5番は初出で、ムラヴィンスキーとしては同曲13種目の音源となります。
 この『英雄』演奏は衝撃的。無駄の全くない筋肉質な音楽が、誰も止めることのできぬ物凄い推進力で迫り、46分があっという間に過ぎてしまいます。それでありながら細部までていねいで、驚異的なアンサンブルを聴かせます。つやのある音色、弾力あるリズム、どこまでも大きな音楽とエネルギー。数ある『英雄』の名演のなかでも、ここまで興奮させられるものも珍しいと申せましょう。夢のひとときを満喫できます。Hunt盤とは比べものにならない音質も注目です。
 ショスタコーヴィチの交響曲第5番は、その後の録音が決定盤として輝いていますが、この演奏には若々しさが明瞭に感じられ、覇気に満ちているのがこのうえなく新鮮で魅力的。新しい決定盤の登場と申せましょう。(キングインターナショナル)

【収録情報】
Disc1
● ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

Disc2
● ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調 Op.47『革命』


 レニングラード・フィルハーモニー交響楽団
 エフゲニー・ムラヴィンスキー(指揮)

 録音時期:1961年6月2日
 録音場所:ベルゲン音楽祭
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 32bitマスタリング

内容詳細

1961年6月2日、ノルウェーのベルゲン音楽祭でのムラヴィンスキー&レニングラード・フィルの演奏会の模様を収めた2枚組。速めのテンポで進められる「英雄」では厳しいアクセントのきいたドラマティックな演奏に圧倒される。十八番のショスタコーヴィチでの引き締まった表現も素晴らしい。(治)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
こんな荒々しく激しいムラヴィンスキーがあ...

投稿日:2018/09/20 (木)

こんな荒々しく激しいムラヴィンスキーがあるのという感じの英雄です。とくに第4楽章は感涙ものでした。

NAKAKO さん | 長崎県 | 不明

0
★
★
★
★
★
すごいスピードの英雄です。とは言え、2楽...

投稿日:2015/07/03 (金)

すごいスピードの英雄です。とは言え、2楽章などはしっかりうたっているところがよいです。切れ味抜群の演奏で、縦横無尽に進んでいき、聴き終わった最後には感動が残るという演奏です。やはり、ムラヴィンスキーはすごい。欲を言えばステレオで聴きたい。(もちろんMONOでも音質はよいのですが…)

クラシック大好き さん | 埼玉県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品