CD

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」 カルロ・マリア・ジュリーニ/ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG3600
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

《ユニバーサル・クラシック文庫》ジュリーニ編10点からの1枚。ロス・フィル時代(78〜84年)の名盤の1つで、整然とした流れのなかにぎっしりと中身が詰まった、充実の「英雄」。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
名演でした。 初めて聴いた時は、「なんと...

投稿日:2020/05/12 (火)

名演でした。 初めて聴いた時は、「なんと間延びしたエロイカ」と思いましたが、聴き返すごとに、楽譜に書かれたものを指でさししめすがごとき、丁寧で、明快で、それでいて充実感ある演奏に魅了されてきました。 かなり違った方向性のショルティ・シカゴの1回目のエロイカと並んで私の最も愛聴するエロイカです。共にアナログ録音ですが、デジタルを上回る名録音です。 残念ながら、SONYのジュリーニ・スカラ座のエロイカは、活気・熱気がなくなってしまい、間延びしたものになってしまいましたが、この70年代後半の名演は是非、聴いておきたいものです。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
No.3;20:33/17:23/6:33/13:03

投稿日:2007/06/02 (土)

No.3;20:33/17:23/6:33/13:03

I&W さん | JAPAN | 不明

0
★
★
★
★
☆
要するにこれは、指揮者が変わればLAPOでも...

投稿日:2005/01/11 (火)

要するにこれは、指揮者が変わればLAPOでもこのように鳴るというひとつの偉大なる事例なのだ。LAPOとジュリーニの関係は短かったが、彼らと残したベートーヴェンやブラームスの交響曲は、後のVPOやミラノ・スカラ座管との録音よりも数等素晴らしい。

七海耀 さん | さいたま市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品