CD 輸入盤

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲(G.L.ヨッフム指揮)、メンデルスゾーン(サージェント指揮) ジョコンダ・デ・ヴィート(平林直哉復刻)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GS2217
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

デ・ヴィートのメンデルスゾーン&ベートーヴェン登場!
2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻シリーズ


【このCDの復刻者より】
「当シリーズにいよいよジョコンダ・デ・ヴィートが登場します。曲はメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(セッション録音)と、ベートーヴェンの同じくヴァイオリン協奏曲(ライヴ)です。演奏については今さら触れるまでもないと思いますが、テープに刻まれた情報を最忠実に再現、特に独奏ヴァイオリンの音像がよりリアルに再現されます。」(平林直哉)

【収録情報】
● メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 Op.64


 ジョコンダ・デ・ヴィート(ヴァイオリン)
 ロンドン交響楽団
 サー・マルコム・サージェント(指揮)

 録音時期:1951年11月5-8日
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:モノラル(セッション)

● ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61

 ジョコンダ・デ・ヴィート(ヴァイオリン)
 RIAS交響楽団
 ゲオルク・ルートヴィヒ・ヨッフム(指揮)

 録音時期:1954年10月3日
 録音場所:ベルリン音楽大学大ホール
 録音方式:モノラル(放送用ライヴ)

 使用音源:Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)

収録曲   

  • 01. ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
  • 02. ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品