CD 輸入盤

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲(ロスバウト指揮)、ショーソン:詩曲(ドブロウェン指揮) ジネット・ヌヴー(平林直哉復刻)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GS2213
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ヌヴー生誕100年のラストを飾る! ベートーヴェン&ショーソン
2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻シリーズ


【このCDの復刻者より】
「ヌヴーの貴重なテープが最近入手出来、生誕100年になんとか間に合うように制作しました。音源としては初出ではありませんが、特にベートーヴェンの音質には注目していただきたいと思います。私見では、“過去最高” だと思います。また、解説書にはヌヴーの墓の位置について記しておきました。写真付きですので、墓参の際の参考になさって下さい。なお、このCDに記載した録音データは、おそらく最も詳しく、正確だと思われます。」(平林直哉)

【収録情報】
1. ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61
2. ショーソン:詩曲 Op.25


 ジネット・ヌヴー(ヴァイオリン)
 ハンス・ロスバウト指揮、南西ドイツ放送交響楽団(1)
 イサイ・ドブロウェン指揮、フィルハーモニア管弦楽団(2)


 録音時期:1949年9月25日(1) 1946年8月18日(2)
 録音場所:バーデン・バーデン、クーアハウス、ビューネンザール(1) ロンドン、アビー・ロード・スタジオ(2)
 録音方式:モノラル(放送用ライヴ:1、セッション:2)
 使用音源:Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻)

収録曲   

  • 01. ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61 (モノラル)
  • 02. 詩曲 Op.25 (モノラル)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヌヴーの演奏を聴くたびに、TAHRA盤のライ...

投稿日:2020/02/16 (日)

ヌヴーの演奏を聴くたびに、TAHRA盤のライナーノートに記載されているこの言葉を思い出す。「ジネット・ヌヴー、それは音になった炎、仄暗くも青白く白熱する炎だった。そして今、コクトーの語るように、その銅像の眼は光となってわれわれを天上から見降ろしている」。今回のGRAND SLAM盤は、生々しい音で蘇った。

ドンナー さん | 神奈川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品