CD

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番、第4番 フリードリヒ・グルダ

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD7048
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

グルダ/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番、第4番 <br>ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37、第4番 ト長調 作品58 <br>フリードリヒ・グルダ(ピアノ)<br>ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団<br>指揮:ホルスト・シュタイン <br>録音:1970年6月、1971年1月 ウィーン <br>2000年の2月に惜しまれつつ世を去ったグルダが残したベートーヴェンのピアノ協奏曲全集からの一枚です。《運命》交響曲と同じハ短調という調性を持ち、悲劇的なパトスに満ちた第3番と、優美な旋律と柔和な表現が忘れられない印象を残す第4番。性格の全く異なる2曲を的確な技巧と柔軟な感性で見事に弾き分けています。奇才と呼ばれたグルダの音楽性が光る名盤です。 <br>

内容詳細

2000年2月に惜しまれつつ世を去った鬼才ピアニスト、グルダが残したベートーヴェンのピアノ協奏曲全集から第3番、第4番を収録。グルダの音楽性が光る名盤だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
すばらしいベートーヴェンです。ピアノは美...

投稿日:2009/01/11 (日)

すばらしいベートーヴェンです。ピアノは美しく、オケも見事に寄り添い、しかもちゃんと主張している。グルダのみならず、シュタインの力量を感じました。これぞ協奏曲の醍醐味です。また、随所にハッとする美しさがあります。3番の2楽章は特にしびれました。私にとって永遠の名盤です。こんな名曲を生み出した偉大なるベートーヴェンもこれを聴けば微笑むでしょう。このコンビで他の3曲も聴きたくなりました。

古渡 弁蔵 さん | 函館市 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
演奏は良いんだけど、ピアノの録音が薄っぺ...

投稿日:2008/08/22 (金)

演奏は良いんだけど、ピアノの録音が薄っぺらいので、この評価で

123 さん | 兵庫 | 不明

0
★
★
★
★
★
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番のベス...

投稿日:2007/03/04 (日)

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番のベストはこれだ。私は、5曲のPコンの中でも3番が一番好きで、何十種類も聞き比べたが、2楽章のしみじみした美しさは、グルダに限る。何度聴いても涙が出る。これを聴かずして、ベートーヴェンのPコンを語るなかれ!

gz さん | 田舎 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品