CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第5番『皇帝』、第1番 ラルス・フォークト、ノーザン・シンフォニア

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ODE1292
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番『皇帝』、第1番
ラルス・フォークト&ノーザン・シンフォニア


ドイツの実力派ピアニスト、ラルス・フォークト。2003/04にはベルリン・フィルで初の「ピアニスト・イン・レジデンス」に選出されるなど高い評価を受け、近年はソリストとしてだけでなく、室内楽奏者としても注目を浴びている名手です。
 2015年、ONDINEレーベルにバッハの『ゴルトベルク変奏曲』を録音し、以降シューベルト、モーツァルト、ブラームス、シューマンの諸作品をリリースしていますが、今回の新作は彼自身が音楽監督を務めるロイヤル・ノーザン・シンフォニアを弾き振りしたベートーヴェンの2曲の協奏曲。第1番の協奏曲は25歳のベートーヴェンの手による意欲作。フォークトはこの曲を1995年にも録音していますが、今回の新録は自身の意思を更に思いのままに炸裂させた自由自在な表現が魅力。壮大な第5番も重々しいピアノの音色を生かした緊張感に満ちた演奏です。
 このアルバムはフォークトによる「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲シリーズ」の第1作となります。(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:
1. ピアノ協奏曲第1番ハ長調 Op.15
2. ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』


 ラルス・フォークト(ピアノ、指揮)
 ロイヤル・ノーザン・シンフォニア

 録音時期:2016年10月28日(1)、2016年11月18日&2017年1月28日(2)
 録音場所:セージ・ゲーツヘッド・コンサート・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 Executive Producer: Jochen Hubmacher
 Recording Producer: Stephan Schmidt
 Recording Engineer: Richard Hallig

内容詳細

日本でも耳の肥えたピアノ・ファンからの人気が非常に高い名手フォークトが、弾き振りで取り組むベートーヴェンのピアノ協奏曲第1弾。抜群の溌剌感、新鮮な響き、細部まで歌に満ちたピアノ独奏と、魅せられる要素満載。第1番第1楽章の5分弱に及ぶ長大なカデンツァにも注目。(月)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品